2008.11.24
寒い..
今年は暖冬って言われるがきっと何かの
間違いだと思う。
そんなわけで灯油デビュー。
毎年感じることであるが
電気のヒーターより灯油ストーブの方が
暖かさが柔らかい気がする。
MP3とCDの関係性にちかいのか..??
ということで今年も極寒の仕事場が
始まる。
結局リフォームは冬場になってしまった。
まあいっか..
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.11.21
言い訳しますけどPBG3のHP更新ソフトが
不調。そんなわけで久しぶり。
ここ最近不幸が続いている。
これはやはり凶なのか..どうやら大殺界とか
いう年でもあるらしくそのためか。
正直もうギブです...神様勘弁してください。
受けて立つなんてもう言いません。
まいったまいった、あんたが大将。
はやく来年になってくれー
 
 
 
 
 
 
 

(ウサギ:筆ペン)

2008.11.15
ちょっと出張。
タイは何となくティーンスピリッツ
を感じさせる所だった。
そんなこともあってかいくつか自分
開拓を試みてみる。
主な表題はprof.高橋史郎の
「作っても作らなくても死ぬんだ..」
である。
結局読んで字のごとしという結論に至る。
作るほかないわけだ..
 
 
 
 
 
 
 

(滑車とパイプフレームTV)

2008.11.4
パイプをちょっときれいに曲げる
テクを発見!
先日の仕事で余った滑車であるが
こいつを用いぐりぐりはわすと結構
きれいに曲がる。
もう一つ買ってうまい事すれば
三本ローラー的な使い方が出来そうな
予感...高いけど。
そして加工しやすいパイプも発見。
かなり薄いのでハンダが盛りやすい。
これは画期的だ。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.11.2
三井さんの個展を見に行く。
連休の為周辺はかなりの混雑...
正直度肝を抜かれた。
60歳をすぎてなおこれだけの作品数
を制作できるなんて...
びっちりであった。
私も個展やりたい..と久しぶりに
おもった。
ここ最近頼まれ仕事がかなりの数
だったので忙しさにかまけまくり
であるが生きる為に働くのか働く
為に生きるのか。
はたまた生きる為に生まれるのか
死ぬ為に生きるのか。
少々考えていたけれど。
どうやらそんなの関係ない。
要は突き抜けるあの感じ。無敵感。
昔士郎先生が言っていた
「作っても作らなくても死ぬんだ」
という言葉がよぎる。

 
 
 
 
 
 
 

 
2008.10.28
やはりチマいものは苦手だ..
作業がかなり遅れている。
明日完成に持っていきたい
ところであるがいかがなものか..
新宿で開催されていた
「世界発明会議」
に行ってみる。
うーん..なんだか。
正直びめう。
出品も考えての視察だったが
見送ります...
一つ面白かったのは出品者の
皆さんが人の話しを全く
聞かないところ...
完全に会話が成り立たなかった。
 
     
     

 
2008.10.27
小さいものは苦手だ。
そして造形も苦手だ。
明日来年のBIGプロジェクトが
走り出すか決まる。
うまくいくと良いが、なるように
しかならない...
今年もあと二ヶ月かと思うと
うかうかしていられないな。
時間だけは万物に平等である。
 
 
 
 
 
 
 

2008.10.22
神輿プラモ手を付ける。
なめてた...そうだそうだ、
昔のプラモはプラ成形がユルい
のだった。田宮に慣れすぎた事
を痛感。
まあそれでもまだ近代プラモ。
ナントカなると思う。
もはや私は小学生じゃあ無い。
おもしろい、受けて立とう。
しかしながら机に広がる大量の
メッキパーツは穴ぐら暮らしの
目にはこたえるところ。
サングラスが必要だな...
 
(神輿用大量メッキパーツ)
 
 
 
 
 

 
2008.10.17
面白発明品完成。
くみ上げてみたらかなりいい出来!
発表は出来ないがまあそのうち放映
予定。
今回3枚で¥1500というインクジェット
用ステッカーを使ってみた。
こいつはすごい...
ちょっと手間はかかるが入校するよりは
遥かに安価であるし単品用にはもってこいである。
すごい世の中になったものだ..
二枚余ったから何かに使おう。
 
 
 
 
 
 
 

 

(童友社「江戸神輿」1/5)

2008.10.15
面白発明品もう少しで完成。
ナントカ形になった...
あとは月末までにもう一つ。
神輿プラモが届く。
スケールはまさかの1/5!!!
このパッケージからして尋常ではないことは
確かである。
そして説明書を見てまたビビる。
かなりわかりづらい!最近TAMIYA社の説明書
に慣れきったせいでザ・昭和な説明書はとんと
ご無沙汰であった。しかしながらこれが見れば
見るほどおもしろい。まず解説図はPCナンテ
使っていない手描き等角投影図。
しかもこれが見事な工業製図規格で書かれている。
そのうえ現代プラモの説明文はパーツの組み付け方しか
書いていないのに対しこの「江戸神輿」の説明書は至る所に
ムダ文が入っている...
そこで説明書から抜粋する。
(14)~~~~~~以上で完成です。
普通はこれで終了。それなのにこいつは
(15)ご苦労さまでした。これであなたのお部屋に
エレガントな江戸神輿が現れます。
(16)もしも時間があるならあなたの地域の「神輿」
を研究してみてください。その研究に基づいた改造
を施しオリジナルの「神輿」を作ってみては
いかがでしょうか?
なんて書いてある。
これは笑った。1分くらい笑った。
昭和っていい時代だったのだな。
そういや幼少の頃、近所で安く買った処分
プラモを「完成」の域まで到達出来たためし
が無かった事を思い出した。
たしかに私にとっての「昭和」はそんな時代
であった。
童友社、恐るべし...

   
 
   
 

(蘇生後のPBG3)

2008.10.12
朝起きてみるとPowerBookが
立ち上がらない..
あれーおかしいなと調べてみると
どうやら電源が不調。
付け根で断線していたらしい。
修理、事亡きを得る。
今使っている電源も三台目、
このパソコンも生誕8年。
ずいぶん長い間がんばっている
ものだと感じた。
テレビを見ていたら「エコ替え」
などとたわけた事を抜かしている。
まだ使えるけどエコな方に〜
なんて言っているが頭は大丈夫か?!
と思った。まだ使えるなら使った方が
よっぽどエコロジーだろう!
人間にできるエコロジーはいかにゴミを
出さずモノを大切に扱う事ではないのか。
与えられたものをムダ無く使いだされた
モノは残さず食べることが美徳だと
誰もが教えられて来たはずである。
現代では直すより買う方が安い。
「エコ=安上がり」という図式は
そもそも間違っていないだろうか。
今日のマイパソの一件もあってか
本当に不愉快になった。
モノへの愛着こそ生まれて来た物
に対する礼儀だと思うのだが...
「もったいないお化け」が出るぞ。
考えれば考えるほど自分のG3,G4
がかわいそうに思えてくる。
スペックが低いからなんだ!
私はお前らを見捨てない。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.10.11
おもしろ発明品を製作中。
今日は鉄切り出し日。金属を
切っている最中全く関係ない
考え事をしてしまうのは私だけ
なのだろうか...
世間はすっかり秋の空気なわけで
それも要因の一つか。
来週からあるプロジェクトが
動き出す。うまくいけば
来年一番のビックプロジェクト
になるな...    
 
 
 
 
 
 
 

2008.10.9
ハードオフを物色中変なものを
発見。
SANYO社ズバコン送信機型卓上ライター。
当初「ズバコン」を知らなかったのと
「ライター」の文字を見落としていた為
何かの送信機かと思いボタンを
ぽちぽち押してみた。
押し心地はまるで無くタッチセンサー
かと思ったらただのライターだった。
当時こんな記念品を作るくらい
リモコンて画期的だったらしい...
また無駄遣いしてしまった。
そういえば昔「ワイアレス イズ COOL」と
外国の人が言っていた。
 
(SANYO社ズバコン卓上ライター)
 
 
 
 
 

 
2008.10.7
Make:meeting出場断念!
うーむ..残念。
せっかく誘っていただいたtmrさん、
申し訳ないです...
次回確実に参加します。
今回は多摩美で開催ということで
知り合いが多数出展する模様。
次回新作発表をMakeにて行う事を
ここに誓うとともに
Make:meeting02を全力で応援します。
さて、話はかわるが今自分の中で何かが
キている。このモチベーションの感じは
過去に何度か感じたあれだ...
朝起きたらさめてるかもしれないが
少し様子を見よう。
コピー機能、便利!
   
 
     

2008.10.6
FILM GIG終了。
六本木遠い..
ブラザー社DCP-330(ジャンク)を購入。
ジャンク品のため前々から
実験してみたかった事を実験。
インクの新しい詰め替え法。
あんまり詳しく書くとブラザー社
からおこられそうなので割愛。
実験は成功!
全色交換で250円という価格を実現!
KIMURA工場に無事コピー機能が追加
された。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.10.4
忙しさにかまけて放置してしまっていた
TAMIYAの手回し発電キットを組み立てる。
さすがよく出来ているなーと関心。
特にコネクタが浦辺中央製作所というのが
私的にビビッと来た。
要するにシリーズ化を視野に入れての事だと
考えるがこれは電池メーカーに大打撃を
与えるのではないだろうか...
考え過ぎか。
発電機単体での発売を熱望する。
明日の同窓会にこれもってこー
昼間にR西氏が取材にくるらしい。
エッヂで散歩GIG予定...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.10.3
サイバースのフライヤーを制作。
かなりいい感じ。
5年目にしてあのライブ映像が
ようやく公になる!
ということで10/5にフィルムギグ
が開催される予定。
という事でみんな来てねとか言って
みる...
一応パホーマンス的展示もゲリラで
敢行予定。しかし一応確認したので
ゲリラではない...
 
     
     

2008.10.1
やべー相変わらず滞る...
カクツキになってきたなこれは。
九月は以上にでかいものの表面仕上げ
をやっていたもんだからかなり筋トレ
になった模様。明らかに腕が太くなった。
11月までどうも凶による不可能な作戦続き
である。寒くなる前にリホーム終わらせたし。
Make:tokyo meeting2が
多摩美で開催される模様。
10月だと思っていたら11月。またもインポッシブル
なミッション...。うーむ...
くそーやる事いっぱいあるな。
   
     
     

 
2008.9.9
片付いた...
今回は短納期と多量がネック。
スイッチが見つからず四件のホムセン
をはしご。事なきを得る。
今回一つ気づいたことは、
探している材料に出会える予感みたいな
ものがある事。
事実一番いい仕事をしたと自負する
不思議スイッチのカバーは初めて行った
しょぼしょぼホムセンにてゲッツ!
しかも在庫が必要数のみ!という
偶然のDANCE!この空気感は事故のような..
見つからなかったらしょうがないなと
あきらめようと思っていたが
どこか片隅で見つかる確信があった気も
あり不思議であった。
これはまさに「事故」だな...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.9.8
相変わらず忙しい...
もう少しなのであるが、駆け込みで仕事が
入ってくるのは吉か凶か。
一応何でも作るけど「NO!」とビシッと言える
クセをつけよう。
リホーム、新作、バイクいじり
早いとこ取りかかりたいな。
今日はもう寝ます...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.8.28
あー忙しかった...
もう少し物事の効率を高めていかなければ
いかんな。
日誌も毎日かかなければ..
明日からナオトミ観音に本格的に取りかかる。
そしたら次はいよいよリホーム。
もうかなりのアイデアがある。
夏は終わった!
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.8.15
またも日誌滞る...
夏は忙し。終戦記念日
ようやく夏がやってくる。
9月から新作つくろう。
まずは工場リホームだな。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.8.2
あちゃー、もう八月。
相変わらず仕事人間化している。
もうすぐ原爆の日なのでメディア
でよくそれらの企画を見る。
子供の頃八月は楽しい反面そういった
企画により何となくざわついていた
事を思い出した。
特に小学生のときは気が気でないほど
戦争がおきたらどうするかと考えていた。
現在でも夏がくると不安になるのは
当時の記憶だろうか...。
楽しい場所や、
夢のような空間に身を置くときに
いつも強烈な違和感を感じるのは
この経験が起因しているものと思われる。
不便な身体にそだっちまったもんだと
この時期しばしば思う。
溶接機、ほしい...

 
 
 
 
 
 
 

2008.7.22
梱包終了。
無事終わった...
相変わらず出荷の時はメランコリック。
大阪に向け
KIMURAカー洗車,整備。
シルバーって洗車してもよくわからない。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.7.20
いやーだいたい終わった..
いつの間にか梅雨明け七月後半。
残すは音声録音とキワ。
今回の量は半端なかった。
しかしいくつか新しい技を
ゲットしたので活用したい。
特にソレノイドの打点磁石化
と自作ワイヤーアジャスタ...
24から大阪設営。
車のオイル交換と洗車は必須。
 
 
 
 
 
 
 

(時限タイマ回路)

2008.7.17
電子づいている...
電気は目に見えないのが厄介である。
しかしながら、アナログICでこれだけ
遊べるとは...
久しぶりにAKBにいく。
SUZUSHOのおじさん、
絶対私を誰かと間違えていたが
お得意さんリストを見せて
もらったのはなかなか興味深かった。
知ってる人ばかりだった...
 
 
 
 
 
 
 

 

(電話の全部品)

2008.7.15
電話をバラす。
初めて中身見たけどこいつは
よく出来ている。部品は少なく
ほとんどの部品が構造体として
成り立っていて無駄がない。
こういうものを作りたいと
思った。バカ機械だけど...
ベルの構造が特に面白い。
電磁石に交流電圧を流し
両面に備え付けられたアルミ板
をたたくしくみである。
電話線に50Vが流れてるなんて、
知らなんだ。
今回ベルは必要ないので取り払う。
なのでプロジェクトリホームで
使用予定。呼び鈴に改造しよう。
このベルの音をきくとなんだか
何でも出来る気がしてくる。
それはきっと幼少期の思い出。
不可能な事などないと
思っていた。
このベルこそKIMURAの呼び鈴に
ふさわしい...
   
 
   
 

   
2008.7.15
最近掃除をしまくっている。
どんなに忙しくとも、
工場を掃除する。
作業の効率を高めるには
掃除である。
   
 
   
 

 
2008.7.14
タイマーIC,NE555を
使ってみる。
こいつはたまげた...
今まで苦戦していたメカニカル
スイッチ部が電気的に
いとも簡単に作れてしまう。
すげー、恐るべし
名前も悪魔数字666みたいだし
私としてはパンドラ的な印象
を受けた。
こいつとは長い付き合いになり
そうだ...
   
 
   
 

2008.7.11
ストイックパーツ実験成功。
しかし電子回路うまく行かず..
ノイズをどう除去するか。
明日実験予定であるが部品が
足りない..
鉄フレーム完成!
シルバーでだいぶシックになる。
溶接機、欲しい...
直流インバーター。
次のミッションに向け買うかー
 
 
 
 
 
 
 

(写真:ムササビ装置用ストイックパーツ)

2008.7.10
ストイックパーツが出来た。
かなりの緊張感を持っている。
こいつはなかなかよく出来た
まれに見る良い仕事である。
最近ひげを伸ばしてみた。
今のところKDOにしか
突っ込まれていないので
もう少しのばしてみるか...
鉄フレームを制作。
直流溶接機ほしい...
もしくは半自動..
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.7.8
少々行き詰まる..
困った、部品選定失敗したか?
実験してみれば早いのであるが
何分使った事のない機材...
うーん困った。
ディーンケーメンの言葉を借りるならば
「もしも神様に願いを聞いてもらうと
するならば、今抱えているプロジェクトが
手持ちの機材、技術で解決可能である事を
確約してもらいたい」
だな。
まさに同じ心境...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.7.6
コミュニ展搬出...
なんだかどっと疲れた。
大して何もやってないけど。
おそらく運動不足...
最近工場のパイプいすに座りっぱなし
なのでお尻が痛くなるころそろそろあがるか...
という感じなわけで。いかんな。
ほとんど展示は見ていないけどDVDお買い上げ
いただいた皆様どうもありがとうございました。
あと売っていただいた皆様。サンクス。
久しぶりに打ちアゲっぽい打ち上げをした。
何だか懐かしい感じだった。
さてー明日もいっちょやったるか。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.7.5
あつい...
もう夏なのか虫がすごい。
店先がほとんど畑と化しているので
虫の発生が著しい。
先日の鋼材切り出し作業で店先の
リホームを決意!定尺が室内に
入らないので店先がフラットじゃないと
キケン...
エアシリンダ実験。
初めて使ったけど何だろうか...この感じ。
直動だけどソレノイドとも違う生温い感じ。
これが「圧」なのかっ!?
 
 
 
 
 
 
 

 



店先の植物(名前がわからない...)
2008.7.2
回路系、ダイブ見えてきた。
昨晩4時間トランジスタと格闘するも
2SCと2SAを読み間違える痛恨のミス!
あー時間無駄した...
まあおかげで面白い事発見したからいいけど
かなり制作は順調。睡眠はすくないが...
まだ気を緩めてはならない。何せ最重要
のエア駆動マシンが手つかずである。
あさってシリンダ到着予定。これからが
本番だと考えている。それまでに電子系は
完成させずに全体を進める。歯がゆいけど。
今日店先で一服中、庭木がすこぶるのびてる
事に気づく。当初私の身長ほど背丈が
あるにもかかわらず葉っぱは数えるほど。
色も黄みがかりアーコレはドライ植物に
なるかもと感じていた。
結構太いので枯れた枝や不要そうな枝を
ジグソーでぶりぶり切ってほっておいた
のである。そうしたらこの復活劇。
自然てすごいなと思っていたら隣の
ママが出てきてこの復活劇をはなす。
実は不在がちな私にかわって水をやって
くれていたらしい。なーんだ...



 
 
 
 
 
 
 

 
2008.6.30
帰ってきたと思ったらすぐ仕事...
何分作り物が多いのでいかに自分が
効率よく動くかだけに集中している。
しかしながら材料を待つ時間が
歯がゆい...
全部揃ってればすぐなのであるが。
でも通販て便利。
しかしながらここはやはり急がば
回る。
完全に足塚茂道の気分である...

 
 
 
 
 
 
 

 
2008.6.25
未だ出張中...
今のところ部品選定&二次元作業
なので特に困らず。選定だいたい終了。
帰ったらサンプル入手予定。
初めて動力にエアを用いるので少々不安。
でもちょっと楽しみ。
今回は多数バブリーな部品を使うので
失敗は許されない。
「いいんすかっ?!コレだけのために10万
も使っちゃって!」
的な...普段は確実に使わないパーツもあり
(高すぎて)テンションはすでにレッドゾーン
へとうなぎ上りです。
最近スケッチをよく描いているがほんとうに
自分の絵の下手さが嫌になる...
よく絵のうまい人が描くガシガシした線を
かけたらいいのにと昔から思っていた。
おそらく毎日描く事が重要であるが、多分
私の腕の骨格がそういう風に出来ていない
のだと感じた。
明日はダンシング観音設計予定。
 
 

 
2006.6.22
うへぇ、忙しすぎる。
出張、大阪なのにパソコムやりまくり。
ネットサーフ&スケッチ。
いつもの事であるが今回はヤバい。
ダイブ引きこもりだ。
OSXにしてからPCの動作が遅すぎる。
しかしコレじゃないとネットサーフ
が出来ない...
なんとかならんもんか。
 
 


(写真:フットボーイ案1)
2008.6.20
帰ってきたと思ったらまた出張...
ウチカエリタイ...
まあデジタル作業は腐るほどあるので
よしとする。
先日イカツイ仕事が入る。
制作物がかなりあるが自分好みの
バカ機械オンパレーヅなので引き
受ける。八月にも別のバカ機械制作が
入る予定...これもかなりキテいる。
しかしかなり気合いを入れないと
まずそう...
漫画道の足塚氏の二の舞だけは避けたい。
新作を思いつく。
二足車(?)。バイクの車輪が足の
もの...動くのか未知数であるが、
まあやってみよう。
今回の動力はHONDA社Dio。初の2スト
エンヂンである。
名前は「フットボーイ」が
良いと思っている。
 
 

 
2008.6.15
コミュニ展搬入。
疲れた...
21から30まで。
みんな来てね。
原宿のシャネルが主催する
モバイルアートにいってみる。
メディアアートって面白いと
初めて思った。
 
 
 
 
 
 
 

2008.6.13
出張。
長かった..
あさってから電動芸術研究室
の展示設営が始まるので明日
INUシリーズメンテ予定。
コミュニケーション展
帰国直後仕事がひとつ暗礁に
乗り上げる...
なんだか大変な事になったが
これも凶のせいなのか。
これからまた走り出すかも
知れないがまだわからず。
今のところ発表も出来ず...
うーん...
凶、なかなか根深い。
 
(写真:ストーンヘンジ)
 
 
 
 
 

 
2008.6.2
すげー、legoで作ったV8ツインカムエンヂンだって...
本当にV8エンヂンの音がしている。アイドリングの
音がかっこいい!
昔HONDA社横置き50ccエンヂンをVツインに改造した
やつをみたことがあるがエンヂン作ろうなど私は
考えたこともなかった。
普段どうやってエンヂンで遊ぶかという用途をいつも
考えているわけであるが外人さんは思考の構造が
違うのだろうか...
いいこと思いついた。ちょっと実験してみよう..
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.5.29
ようやくパワーブック復活。
あー、疲れた...
まだ作業は完了せず。
明日から必要なものをコピー&インストールする
日々が当分続くだろう...
Aップル社HP、サポートページクソ過ぎ...
何故!自分のとこの出したOSでHPが読み込めない
現象が起きるのか。毎回思うが。
今日はもう寝ます。
 
 
 
 
 
 
 

2008.5.27
HDD間違えて注文した...
返品交換出来るのかしら。シクッタ。
仕事が一つトンだので明日は制作日に
する。いくつか思いついた案があるので
それを実験予定。上手くいくか楽しみ。
↓これ、ひどすぎる...(ある意味グロ画像)
http://www.gizmodo.jp/2008/05/pleo.html
pleo対殺人(?)ロボット...
なんだか映画「A.I」を思い出したのは私だけ
だろうか...
こんな事しちゃあいかんよーアメリカ人。
やはりアメリカに行く必要があると感じた。
彼らがこうなったのはきっとアメリカで
「世界名作劇場」がやってなかった為だと
考える。
 
   
     
     

 
2008.5.25
祝日誌5年目突入。
とはいえ相変わらず不定期。
データ復旧ソフト「DataRescue」購入。
早速試してみる。見事作品データ救出!
しかしなぜか同じものがたくさん出てくる。
ファイルは開けたり開けなかったりであるが
取りあえずほしいモノは取り出せた。
イヤー良かった。
しかしながら正直たくさんありすぎてどれが
本当に必要なのか分からず。
テレビジョンDVD素材に関しては全く分からず。
うーん、これを機にあきらめるか...
もうよく分からないし...
まあ、編集できなくなるだけだし。捨てよ。
パワーブック復旧を試みるもHDDがどうやら
グッバイしている為断念。
120G、注文。男は黙ってハイスペック...
新たなプロジェクトのため、過去5年分くらいの
データを整理。あるわあるわ...
ダイブ懐かしいものが出てきた。
今年からはもう少しHD内整理しよ。
重複してたり更新日が分からなかったり結構大変。
ナオトミボクサーだいたい完成。
結構時間かかってしまった。次はダンシング観音。
ちょっといそがねば。
明日、新プロジェクト打ち合わせ予定。
早く公表したいがまだ出来ず...
来月は出張が3週間ほどあるので早いとこ
デジタル作業を出来るようにしなければ...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.5.17
日誌またも滞る...
Maker Fair2008がアメリカで開催された模様。
やべー、行きてー!出展してー!!
Makeイベント以降、正直どうやってアメリカに行くか
しか考えてない。
どうにかならないものか...
取りあえず資料を集めてみよう...
来月史郎先生の展示に出品することになったので
要メンテ。MOTO。
そう言えばハンズ作品展以降箱を開けていない。
サビは果たして大丈夫だろうか...
明日確認してみる。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.5.7
バイク公道テスト。
早くもLED逝く...
計算間違えていた。三個じゃなくて
4個。間違えた。
3.6Vのところに4V強かかっていた。
そりゃ飛ぶわ...
フロントスクリーンうすすぎ。1mmじゃあだめだ。
3mmくらいないとだめですね。
いま塗装熱がすこぶるあがっている。
バイク...完成させるか...
 
 
 
 
 
 
 

 

ナオトミボクサー:ストイックなパーツ

2008.5.6
F1スーパーアグリ撤退...
純国産FIというチームが姿を消した。
タイムを一秒縮めるのに一億と言われる
F1の世界において資金難は確かに致命的
な問題だったと思う。
しかし、「夢」が資金難という問題のみ
においてうち砕かれた事実は本当に
やりきれない。資金があれば何とかなった
かもしれない。良いマシンさえあれば
表彰台もねらえたかもしれない。
テクノロジーの問題ではなく、資金面という
ところが本当にやりきれない。
非常に残念だ...
世界的自動車メーカーをいくつも有する
日本から生まれた「俺たちのF1チーム」
が今日、姿を消した。
今夜は飲まずにはいられない...
   
 
   
 

YAMAHA社シグナス125D カスタム後

2008.5.5
シクッタ...
外装組み付け後試運転。ほほーコレはなかなか
良いでは無いですか...あれ、LEDついてないな...
接触かしら,メインスタンドをたててブンブーンとふかす。
バイクがまるで見えない力にHackされたかのように
走り出す!ガチャ...(バイク倒れる..)
あーやっちまった。しかもバイク起こしたらLEDが
ついてる...またも凶か!凶なのかっ!!
まぁ、コレは完全に私の不注意...
被害はミラーとフェンダー少々ですんだからいいか..
フロントカウルがイッてたら完全に我を失ったと思う
良かった...
さて、取りあえず第一次カスタム期終了
改造ポイント
●フロントアイボリー塗装(欧州のイメージ)
●フロントポジションLED埋め込み(リンカーンのイメージ)
●ウインドスクリーン取り付け
●Zグリップ装着(M&Eの余り)
●KIMURAロゴを入れてみる
などなど
今回のカスタムイメージはピアジオ社
ベスパGTシリーズである。あくまでイメージ...
一応今年KIMURA SPEEDで何かしら作りたいので
その練習としてやってみる(←いいわけ)
早そうで、クールでラグジーなイカしたマシンを
制作したいものである。
ガメラみたいなやつとか...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.5.4

バイク塗装と修理。
塗装はかなり見切が早すぎたかもしれない。
塗装後の処理がめんどい!シクッタ...
まあいいか、様子見して今度本格的にやろう。
フロントウインカー部、LED埋め込み。
ラグジー使用にしてみる。
ここは白色よりオレンジのほうがそれっぽい。
安いし。
ウインドスクリーンを自作、ミラーステー修理。
一mm塩ビは薄かったかも。割れたら厚くする予定。
最近溶接機の稼働率が高い。
直流、もしくは半自動がほしい...
こんなに休んでいるのは何だか気が引けるので
明日から仕事を再開しよう。確実に貧乏性である。
 
     
     

 
2008.5.3
今日からGW..
取りあえず愛車、シグナス125Dの修理と改造。
ヘッドランプが切れた為交換。
KOITO社キセノン球を試してみる。
いまいち違いが分からず。ウインドスクリーンが
数年前に割れた為塩ビで制作を決意。
うまく行くのか...割れそう。
外装をはずしたのでついでに
溶接部分の折れたミラーステー部を修復予定。
そしてフロント部をアイボリーに塗装してみる。
塗料が全く足りなかったので結果は後日。
ちょっと新作も考え中。
ジョイフル混みすぎ...GW中はもーいかね。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.5.2
久しぶり...
ルミネtheよしもと、都市伝説展
の小道具を作る。
ピラミッドと念力時計...
それとでかい棚をつくる。
おそらくいままでで一番巨大な
制作物。5000×4000mm...
溶接で日焼け、体が痛い...
明日からGW。制作強化週間!
GW休めるなんて...奇跡。
 
 
 
 
 
 
 

写真:セグウェイとKIMURA

2008.4.21
MAke:meeting終了!
久しぶりに内燃機関シリーズを稼動。
楽しい。フッタウェイ一号の走行上の
コツをつかむ!(今更...)これは
画期的である。今まで振り子の原理を
利用しエンジン部の重心移動でクランク
を回していたが今回振り子の動きに
カウンター的にアクセルを当て、クランク軸
を回す手法を考案!今までより安全に
高トルクが稼げる様になった。
しかもエンヂン部の振れがカウンターにより
かき消される為、次の一歩がもっと早く踏み
出せる。やべー画期的...
多分私にしか分からないが、一応記録の為
記しておく...
フッタウェイ二号昼過ぎに破損!
やはり例のメーンシャフトが断列...
もうこの部品は外注するほかないな。
KIMURA工場での加工は不可能と思われる...
取りあえず本日打ち合わせで使う為昨晩修理。
応急的に直す。今日はまあ大丈夫。
しかし不安要素は排除した方が良いだろう。
エッヂチェイン少々延びる。
最近頻繁に稼動してきた為と思われる。
やはりテンショナつけた方がよい。あともう少し
ギア比を落としたい...トルクがほしい。
今回校庭だったせいもありかなりスピードが
遅かった。足跡はなかなか良いのだが。
10月にも開催予定らしく次回も参加希望したい。
しかし、疲れた...
スペシャルサンクス
AZM電工、DVDを購入頂いた方々!!ァ
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.4.14
エッヂ前足クランク部鉄に換え溶接。
そして車幅を20mm短くしてみる。
これがどう作用してくるか興味深い。
テストは後日。
テレビジョンDVD部故障!マイッタ...
多分振動でレンズの軸が曲がったと
思われる。特定の場所で音飛び。
新しいのを注文、間に合うのか...
リモコンも作り直し。いやーマイッタ。
まあなんとかなるか...
プレゼンテーションを行う予定であるが
Make...かなり自分の中で盛り上がって
いる。プレゼンを考える上でアート的な
語録の一切を排除するとこうもしっくり
来るとは...ギークという言葉が流行って
いるがここを狙うべきなのではないかと
傾いてきている。プレゼンは自分の
中ではいくつか新しい事をやる予定。
上手くいくかは定かではないがかなり
楽しみである...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.4.12
本日「エッジ」立川にてギグ。
足部の溶接によりかなりの安定性を実現!
メタリカのドラムに似た外人さんが爆笑していた。
「ガソリン」という単語がツボだったらしい。
しかしながら
溶接を施していない前足がもげる(!)
フロントも溶接にしよう。
弱い部分にしわ寄せが来るものだ...
「フッタウェイ1、2」メンテ。
一号、ほぼ完璧。あとはキャブセッティング。
二号試運転中メーンシャフト断裂...
完成当初片方が断列、今回はもう片方と思われる。
一応ピン打、溶接を施すがまたも断列。
ピンを大径化し再度溶接。これでどうだろうか..
今回のギグもメンテも主にMakeミィーティング
に向けてであるが、このイベントでの重要課題
はプレゼンだと考えている。
ノートパソコンが壊れた今となっては
「テレビジョン」を用いプレゼンテーション
してみようと考えている。
さてどうなる事か...
隣の雑貨ショップ「ハッピーカンパニー」に
「テレビジョンDVD」を出荷。
お世話になります...
スペシャルサンクス
3292、ハッピーogrさん。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.4.8
メールにつづきハードディスククラッシュ!
修復を試みるも肝心の作品データが全て消える。
あちゃー...と思っていたが、
「DataRescue」なるソフトを発見。
一応他のものはバックアップが点在しているが
どこにもバックアップを取っていなかった
「ロボット漫談ロゴ」を救出!一応事なきを
得る。しかし全て復旧させなければ
どれが最新データーか分からない為復旧させたい。
買うかー正規板...
しかしこのソフトがあって良かった...
Norton博士もお手上げの緊急オペであったが
ブラックジャックは実在した。
何でもFBIとかCIAでも使われているらしい。
へー。とにかくこんな悠長な事はしてられない。
早いとこ復旧しなければ!
またも凶か?!
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.4.6
メールソフト「OutlookExpress」が故障。
データの約2/3が消え失せる...
最近どうもマシンが不調であったがまさか
こんなことになるとは...
完全に開かないので取りあえず「entourage」
というソフトへ移行。まあメールは送れる...
明日ウチで打ち合わせのため「エッジ」メンテ。
後脚の緩みやすかった部分を溶接。
溶接は久しぶりだが楽しかった。それとキャブ
OH&ガスケット製作。すこぶる調子がよい。
画像下は最新作「ペーパードック」。
紙のみで作れば面倒なネジ留めもステーの制作
も省略できる!をテーマに製作。A4一枚で作れる
KIMURAクラフト真骨頂である。
糸鋸にバンドソーの刃を付けてみる。
かなり厚モノが切れる事が判明!!
ピースウォーカー電池ボックス交換。
秋月のアルミ製を試してみる。
結果は後日報告。
次はいよいよ「フッタウェイ」のメンテ!
   
 
   
 

   
2008.4.3
もう四月...
ダイブ滞る。DVDまだできず...
厳密にはできているのであるが
最後の書き出しがどうも...
マシンパワーの限界を少々感じる。
まあそれは致し方ない。
そろそろジャケット入稿とメンテを
開始しないとヤバイ。
このようにだらだらやってしまうから
ペースが遅いのである。
むむー
HPも何とかしよ...
   
 
   
 

   
2008.3.24
「テレビジョンDVD」だいたい完成!
非常にユルくヌルイ...まぁ、動と静、
冷静と情熱の間と言う事で。
残すは字幕と微調整。
本編計算したら約23分。短い...
プレゼン用としては長い...
どちらを取るべきなのか、悩み所である。
しかし2002-2007までの活動の集約ではある。
自身の「自走機シリーズ」を考察するとなかなか
ボリュームあるなと感じた(自画自賛...)
特に「フッタウェイシリーズ」に至っては
完全に若気のいたり的要素なので今見ると
当時の自分に関心してならない。三号作るまでに
ガソリンが枯れていないかが気がかりである。
最近では「バカ機械」の要素がイマイチ
不完全燃焼気味であるとも感じた。
下手にテクがつくと駄目だ。これからもゴールへの
解像度を下げてはならない。
編集中、若かりしころの情熱をちょっと思い出す。
何事にもとらわれることなく、
誰に頼まれたわけでもなく作品を作ろうと思った。
何だかこう言うときはおしりがムズムズするわけで、
このDVDのリリースは自分への決起だとも感じた。
   
 
   
 

(画像:テレウサギチャプタ)

2008.3.20
編集快調!
もう少しで完成。残すはロボット漫談ロゴと
字幕スーパー...リスニングが困難であるから
致し方ない。
思えばこの「テレビジョンDVD」も二年近く
かかっている...長かった。発表していない
モノも結構あるのでようやく世に出せる。
この「テレウサギ」もその一つでこれは一体
ナンなのか?!と言われればナンでしょう...
と言うしかないのだが、昨年自分の中で
大流行していたネタ(?)である。
昔のアメリカのアニメを見て思いついたのであるが
正直自分でもよく分からない...
しかしながら今、この作品、このDVDを作る
しかないという気がひしひしとしているのは
確かでこういうバイオリズムがレッドゾーンにくる
時はそうはない。そしてそう言う時に作った
ものは魔法がかったグルーヴに覆われる確率が
高いので何も考えず作るわけである。
自分でも驚くほどの集中力で作業を進めて
いるが毎度の事ながら完成間近になると何だか
センチメンタルな気分になるのは私だけだろうか...
もう少しのところでとどめておきたいと
どこかで考えている気がする。完成した瞬間に
作品が自分のもので無くなるような感覚。
とにかく、完成を目指そう。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.3.19
映像編集中。
なんだか毎年この時期に編集作業を行っている
気がする。
編集自体は快調!いい加減パリっととしたDVD
をリリースしたいものである。
もう一度取り直したいものがあるがどうしよ...
特にテレビジョンの歩く動画が無い。
まあそれは来週やろう。
三月中に全て終わらせたい。いくつか思いついた
クリップがあるのでそれも織り交ぜつつ
ディティールより全体感を相変わらず狙って
行く予定。
これを発表するのは少々楽しみではある。
サンバーガソリンタンクをFRPにて補修。
バッチリ埋まったようだ。これで車検も万全。
相変わらずPC二台フル稼動であるが眼がおかしく
痛む...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.3.16
日誌滞る...
昨日まで三井さん宅へ出張。
今後の打ち合わせをする。様々なSPOT
へ赴き、先々でうち合わせ。
夏に作品群撮影大会予定...
make:meetingに参加予定。
こんな雑誌があるなんて初めて知り、
衝撃。かなりのアメリカンテイスト。
これは出すしかないと思い迷わず
参加表明する。
出展予定
●フッタウェイ1,2
●エッヂ
●テレビジョン
●テレビジョンDVDリリースエディション
●ペーパードッグ(新作)
全ての作品が要メンテ、要編集...
間に合うのか...フッタウェイシリーズに
至ってはデモは約4年ぶり。
練習しなければ。
しかしここで出さなければ漢じゃない。
取りあえず明日から制作強化週間。
まずはTVDVD。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.3.6
最近小さいもの作りまくり...
ほぼ60cm四方が作業スペースであるが
工具をかなりごったに置く癖がついてきた。
これはイカン...
あまりにもうごかな過ぎるため散歩習慣を
付けるべく活動中。何せ普段の運動は階段
の上り下り程度...あと近くのディスカウントショップ。
父も在宅ワーカーであったが必ず毎日散歩に
出かけていた。そんな事を思い出した。
なんだかおしりがむずむずした...
 
 
 
 
 
 
 

(写真:メカヤドカリ)

2008.3.5
「メカヤドカリ」
自在ボールキャスターを応用した自走機。
正転で前進、逆転で旋回。このメカニズム
何かに使えそう...
工作と言うにはあまりにも部品点数が
少ないが機能を追求すると
こういう事になるのかもしれない。
デザインはどうがんばっても
この形にしかならない....
ここ一週間くらい全く人に会う気配が
無かったのでひげをのばしてみた。
先ほど整えようとカミソリを入れた瞬間
失敗、ハルクホーガン化断念。
散髪は結構得意であるがひげは難解...
 
 
 
 
 
 
 

   
2008.3.2
最近紙工作にハマっている。
作品を作るうえで堅牢なものを作ろうと
いつも考えていた。
形に残るもの、丈夫なもの、美しいもの。
金属による作品はまさにその現れで
モノとして成り立たせるためかたく頑丈な素材
を選んでいたわけである。きれいに処理しよう
と思えば塗装を施したり磨きを入れたり。
その作品が自分の生きている間、あわよくば
それ以後もあり続けるよう材料を選定してきた
つもりで金属を選んでいた感がある。
それが先日紙による作品試作を受け覆りつつある。
紙は金属に比べれば柔らかくもろい。
しかしながら使いようによっては金属に劣らぬ
モノとしての強度があると感じた。
美大受験のときの紙立体の課題は相当苦手であった。
今でも得意かと言われれば決してそうでは無いが
当時に比べ格段にその素材に対する認識は高まって
いてたくさんの可能性を感じる事ができる。
紙は各素材の中で非常に加工性に優れ、老若男女
問わずある程度の加工ができるし、DTP技術の
飛躍的向上によりスプレーより手軽に高品質な
着彩が可能である。もし図面さえ入手できれば
ほとんどの人がその作品を再現できるのである。
いつまでもデータが残り続けるのならばその間
自分の作品がどこかで誰かの手によって作り続け
られるのである。
要するに、作品における「堅牢」の概念が少々
揺らいできた。金属と紙、どちらも良い面、悪い面
あるが、紙に対しては6年以上全くスルーしていた
わけでもったいない事をしていたなと感じた。
多分こういうものはまだまだあるはずでもっと
素材に関しては広い視点を持たなければいけないな
と思った。
もう少しで今作ってる作品が完成。
自分の中では相当新しい事をやった気がしている。
   
 
   
 

   
2008.3.1
今日は自宅で工作。
なかなか面白い作品になった。
あともう少しで完成しそう。長年
考えてきた違和感がちょっと解消
した感じ。
早く発表したいのだが、当分できない
かもしれない。生まれてこのかた
相当口が軽いタイプであるが今回は
どうもそうはいかないっぽい...
まあそのうち発表できるだろう。
   
 
   
 

 
2008.2.28
今年は閏年なのですね...
ナオトミ打ちあわせ。ダイブガイドラインが
見えてくる。
取りあえず私の作業は次の観音様にシフト。
分業って楽だ...
明日から当面クラブ活動(タミヤ部)
そろそろ暖かくなってきたので
アトリエリフォーム開始します。
話は変わるが、北海道北見市において
毎年2月、極寒野外焼き肉フェスが
あるらしい。
http://portal.nifty.com/2008/02/26/c/
記事を読むかぎり
福生friendshipフェス、すすきの祭りに
次ぐKIMURA三大フェスに発展しそうな予感。
来年kdoと参加予定...
(画像byサイバーショット携帯..ちょっと画質が良い??)  
 
   
 

2008.2.27
ボクサーほぼ完成。
結局ワイヤーアクションで行く。
固定位置がシビアであるが案外良い。
フック用ソレノイドの入手がまだ
なので取りあえずSAL-02で代用。
片側しか動かず。
動きはなかなかいい感じ。
まるで具志堅。蝶のように舞っている。
〆切一日前にできた。がんばればあと
一日は短縮できたな。
明日からタミヤ試作を開始予定。
先日サイバーショット携帯に換えてみる
結構写真はきれい。しかし所詮は携帯...
この画像は以前の携帯画像。
 
(写真:ナオトミボクサー機構部)
 
 
 
 
 

 
2008.2.24
ボクサーダイブできてくる。
ワイヤーアクションはあまり良くない。
テンションがかなりシビアなのでアームによる
動作に切り替える。どのようにソレノイドの
ストロークを稼ぐか...??
先日つくったテレビジョン予告編。
youtubeに上げてみたいがもうちょい時間かかるな。
時差ボケ治らず...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.2.22
バリバリ時差ボケ...
AM3:00-PM6:00が活動の基本となる。
まあ朝のほうがすがすがしいが。
ボクサー試作だいたい完了。停滞中のDピカウサギ
と同様ワイヤーアクションにするべく設計中。
うまく動くかな??
高価な糸鋸刃を試してみる。アルミ3@がどうやら
限界値。しかしながらかなり細密加工が可能。
〆切が今月いっぱいなのでもう少しペースを上げたい
明日大枠の構造を完成させる予定。
今夜はもう寝ます。
写真は取り忘れ...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.2.19
久しぶり。
ちょっと出張。ワシントン。
さて、今日からもりもり作ろう...
まずはナオトミボクサーとナオトミ観音。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.2.7
オフロードホイールによる試作機失敗。
案外面白くならず。もう一つの案、構造
考え中。もっと頭を柔らかくしなければ
ならない。なかなかむずい...
テレビジョンDVD予告編ほぼ完成!
あとはフォントの埋め込みのみ。さいきん
TVプログラミングが早くなってきた。
やはり、継続ですね。
かといってこの作品もかれこれ二年くらい
かかっている。はたしてどのように発表する
べきなのか...うーむ。
KIMURA資料をたくさんプリントアウト。
毎度の事ながらこの作業、結構大変..
そろそろちゃんとしたカタログ作りたし。
パリっとした感じで。
そろそろ作るか...自走機カタログ。
 
 
 
 
 
 
 

 

(写真:メカウォーカーとオフロードホイール)

2008.2.3
取りあえず作ってみた。
「peace walker」をモチーフにした
KIMURAクラフトライン名付けて「メカウォーカー」。
昨日正道さんが言っていた「素材になれるのが大変だよ」
という言葉を痛感する。小さいものになると
重量とバランス、そして重力がかなりシビアになってくる。
強度はそこまでシビアでは無いのであるが...
しかしながらなんとか完成。なかなか動きが良い。
そして今までどうしても分からなかったまっすぐ歩かせる
ための構造が見えた。肝は足の角度や長さの微調整ではなく
クランクシャフトのクリアランスだった。
タミヤユニバーサルアーム、恐るべし...
最初からこれで実験してればよかった。
もう一つ作品を思いついたのでジョイフルホンダにて
キャタピラとオフロードホイールを購入。
ジョイフル、二階の品揃えはなかなかである。
オフロードホイール,ヤバイ...カワイ過ぎる...
これでもう一つ作る予定であるが、二箱買い忘れたので
制作は後日。
   
 
   
 

(写真:TAMIYA工作素材)

2008.2.2
アクリルロボットのパイオニア三井康亘氏、
明和電機前社長土佐正道氏がKIMURAアトリエ
にやってくる。
取りあえず早起きしアトリエ清掃、片づけ。
本当に家庭訪問なのでかなりドキドキした。
昼過ぎに二人が到着。「飯、行きますか..」
とのことで福生No1オサレ昼飯SPOT(そこしか知らない)
No1そばや(値段も)「雑蔵」へ。
「ンマイっ」と3人でずるずるとそばをすする。
どうも福生で人をもてなす機会が皆無であるため緊張した。
味などまったく分からず。
それで一路KIMURAアトリエへ。
皆さん自身の作品をごっそり持ち寄りデモを見せてくれた。
工作ラインでこんな使い方があるのか...と関心していると
三井さんが口をひらく。
3人でロボットアーチストチームを作りたいんだよねって。
ビックリしたがそれは光栄ですと二つ返事。なんでも
ミュージアムショップに並ぶ作品を作る事が最終目標らしく
それに伴う展示や企画を各々作品をもちより楽しく運営
していこうとのこと。
思えば初めて三井さんと出会ったのは21歳の誕生日。
ハンズ授賞式にてである。子供のころせっせと作っていた
アクリルロボのパイオニアが目の前にいる!と胸を躍らせた
のも記憶に新しい。「10年作り続けたらきっと面白い事に
なるよ」といわれあれから5年、まさかこんな誘いをいただけ
るとはこれほど光栄な事はない...
正道さんとは明和工員時代に出会ったが入った当初から似てる
似てると言われ確かに似ていた...そして三井さんと知り合い
だったなんて不思議な関係性である。
フェイバリットまんが「まんが道」の「トキワ荘」が頭を
よぎった。手塚、不二子、赤塚...
取りあえずこれ材料ねとゴッソリタミヤ素材を頂いた。
結局6時間くらいロボット会議は続き夕飯を食べ二人は帰って
いった。
興奮さめやらず、早速もらった素材と戯れる。11時をまわる
頃には雪が降り始め、工作少年時代を思い出しなんだか
お尻のあたりがむずむずした...
2008,面白くなりそうだ。いっちょやったるか...
 
 
 
 
 
 
 

 

(写真:リモート100)

2008.1.30
100Vスイッチング用ラジコン回路の
制作依頼を受ける。
名付けて「リモート100」!!
3V100V対応リレーにモーメンタリ式
が存在した事が発覚。テレビジョンも
これで生まれ変わるだろう。
さて肝心の「リモート100」であるが
試しに電球に繋いでみる。
何故か分からないが楽しい。
スイッチを押してぴかっと点灯する
レスポンスがたまらない...
全ての機械において言える事だが
このレスポンスの良い操作感は何故か
人を高揚させる。これこそが面白機械
の重要な要素である。
センサーじゃあ、こうはいかないな。
   
 
   
 

2008.1.28
レスキューロボット
こんな感じ...シャクトリな
イメージ。
本日ぶりぶり作業。
自分の作品ではないが...
当分大きいものは作れない。
何せ置き場がまるでない。
当分タミヤギアボックスと
戯れる事にする。あとパソコンと
電子回路...
 
 
 
 
 
 
 

写真:糸鋸盤と機構モデル

2008.1.27
ニャフオクにて糸鋸盤を購入。
どうやら小学校で使われていたらしく
結構状態がよい。振動がすごいので台に
固定したいのだが、今のところ置き場が
無い...。どこにおくか。
使ってみた感じ、板ものは○、パイプは△。
今まで使っていた手動糸鋸刃がそのまま
使える為、なかなか良さそう。取りあえず
後日、盤の調整&置き場制作予定。
アーチスト「ナオトミ」の作品を制作中。
ロボット観音、ロボボクサーの二体を制作
している。ここ数年製図を引いてデジタル
機構実験後制作に移る流れで制作をしてきた
わけだが、今回は思うところあり試作機を
行き当たりばったりで作って見る事にした。
「ピースウォーカー」開発当初の勢いを
取り戻す実験の一環である。
確かに、製図をかっちり引くより格段に
動きがイレギュラーである。ここで重要な
ことは「重力」を常に意識する事だと感じた。
製図を追求するあまりうまく動く事を考え
すぎて「重力」と「イレギュラーアクション」
の関係を忘れていた事に気がついた気がする。
万物に作用する重力、そしてそれによる作用。
「動力」「機構」「重力」。
これが今年のテーマになると思った。
来週アクリルロボットのパイオニア、三井先生
がKIMURAアトリエに来るらしい。
家庭訪問前の気分である。
掃除お茶菓子...メカ。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.1.22
久しぶり
何だか忙しくなってきた。
車のタンク補修を試みるも失敗。
つぶれた部分に穴が空いている為
パテが上手く盛れなかったらしい。
と言う事でFRPハケ塗りし、パテうめ
をするべくFRPを購入してみる。
しかし購入しただけ。施工は後日...
これを応用しピカウサギ1/1を仕上げたい。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.1.13

テレビジョンDVD制作中
久しぶりに手を付けてみたが
結構変更、リメイク、再撮影したい
箇所がある。コリャあ大仕事になるな
とおもった。しかし思い立ったが吉日、
アトリエも作らなければならないが
まあいつもの事。ブームが来たら作る。
二件隣の雑貨屋、「ハッピーカンパニー」
に早くも卸す事が確定したので三月発売
を目指す。
きっと寝る暇ないな。

 
     
     

 
2008.1.9
そう言えば初詣に行ってなかったので
行ってみる。拝島大師、かなり閑散と
していた。
お守を買い、おみくじをひく。
まさかの凶。初めて見た...
ほんとにあるのね。
帰ってから仕事が一つポシャる。凶のせいか!
私は占いは信じないほうであるが
面白い、2008受けて立とう...
   
 
   
 

 
2008.1.7
変な夢を見る。
やたらストーリーが現実味を帯びていて
描写もかなりリアル。
いまでもはっきりおぼえているし一体
ナンなんだろうか...
再現を試みるも自分の描写力の壁にぶち当たり
難航。明日もういちどやってみよう...
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.1.6
庭仕事による風邪悪化。
祖母にもらったあんこでおしるこを作る。
今年初めて日本人で良かったと思った。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.1.4
アトリエ前の植木を建物側面に移植。
穴を掘ると何かの死体が出てきそうな
気がするのは私だけだろうか。
無事移植完了。店先、更地へ戻る。
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.1.3
そう言えばまださんがにちだったので
今日は休みにする。
昨年からやりたかった作業を敢行。
休日必須項目、マイカー改造である。
新KIMURAカーの純正オーディオはAMラジヲ、モノラル
のみという硬派仕様であった為休みを利用し
オーディオ交換。HONDA純正CD/MD/AM/FM内蔵の
フルスペックオーディオを弟から譲り受けた為取り付ける。
とはいえ社外オーディオと違い、HONDA用に作られて
いる為結構加工が必要。それとMINI純正スピーカーを
ゲットしていたのでステレオ化を行う。これも要加工。
スピーカーはドアの内張をはずし、配線引き直し、
内張加工、インナーバッフルを作り車体に取り付ける。
(最近はインストールと言うらしい..ふーん)
オーディオは配線組み直し、ステー加工、アンテナ
加工などなど。
丸一日かかってしまった...
しかしなかなか良い出来。結局純正なので音質は
そうでもないがFMラジヲが聴けるオサレ仕様に
なった。
最近ゲットした1WLED、夜間作業に最適である。
かなり明るい!うっかり触れると火傷するが。
今後改造予定
タンクパテうめ
へこみ直し
窓ふさぎ
灰皿LED埋め込み
ランプLED化などなど
 
 
 
 
 
 
 

 
2008.1.2
明けました。
2008仕事始め。
今年最初の作業は「おもしろスイッチ」
づくり。昨年の大掃除により
KIMURAアトリエにハンドツール置き場が
できる。miniKIMURAデスクを解体、再加工
しただけだが、これがなかなかイイ!
電動工具を箱から出す手間が省けるうえ
億劫がらない。もっと早くやるべきだった。
それとゴミ置き場を設置。アトリエ広くなる。
アトリエが狭い分、効率を高める事は重要だ。
今年のテーマは「作品群を倉庫に入れる」
である。
スペシャルサンクス
AZM電工
 
 
 
 
 
 
 

(写真:新KIMURAカー)

2007.12.31
2007総まとめ
今年いよいよフリーランス電機屋としてのデビューを
飾る。メーカーとして本格始動に一歩前進。
来年は取りあえず店舗を制作する。
スペインと韓国に初めて行く。
一応高校時代、建築の道を志していた身である。
ガウディを見て感慨深いものがある。
韓国は辛い...
KIMURAカー尾道にて故障。
思えばこの三年。KIMURAはこの車と共にあった。
一気筒死んでもなおディーラーまで無事たどり着く。
最後までよくできたマシンであった。サンクス、キャブ男。
新KIMURAカー購入。
今後の走りに期待。
今年作ったもの。
○M&Eボックス。
○雪装置
○プロペラ試作器
○雪コンミニ
○ピカウサギ彫刻
○ドロッピカ原型
○ロボット漫談
○Dピカウサギ用ダミーウサギ
○タンク
○絵画パラレルユニバース
などなど...
多分もっとあるけど思い出せず...
来年もいろいろ作りたいがもう少し様子を見る。個展も
したい...まずは新作!
アトリエリフォームを開始する。
こんなところか...
来年もよろしくお願いいたします.
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.12.30
今年もあとわずか...
アトリエ大掃除(片づけ)無事終了。
来年に向け片づける。いろいろ作って
いろいろ捨てて案外広くなる。
日頃の整理って大事である。
さてこれから年賀状を書く。
徹夜になりそうな気配がしているが
あす買い出しを済ませておかなければ
ならないものがあるのでちょっと困った。
KIMURAカーブレーキパッドがない...
昨日、新年に向け洗車をするも
すぐ雨が降る。一体私が何をしたと
いうのか!!
明日、洗車、ワックスがけしたい。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.12.23
年賀状入稿!
結構イイでき。しかしながらアトリエ
イメージはもう少し詰めた方が良いな。
今見せると年賀状がネタバレするので
結果は後日。
今年あと残すところはテレビジョンDVD
である。今年の作業、今年のウチに。
何とか終わらせたい。師も走る師走。
師走スパートの仕事が飛び込み続けてい
る為今年もKIMURAに正月は無さそうで
ある。まあいつものことか...
正月制作,実は結構好きです。
 
 
 
 
 
 
 


KIMURAアトリエ1/25スケール
2007.12.19

新作「プロジェクトリフォーム」始動!
取りあえず1/25の模型を制作中。
自分の家のミニチュアは面白すぎる。
製図を引いた段階で手応えをつかむ...
模型ができてからようやくデザインを開始
するのでまだまだではあるが引っ越しの
報告も兼ねて(遅すぎ)今年の年賀状
はこれで行く事にする。
今年はKIMURAに正月がある!!
あさって完成予定であるが、いかがなもの
か。入稿間に合うのだろうか...
 
 
   
 
   

2007.12.13
災害レスキューロボを考えてみる。
ロボットアームで生身に触れるから難しい
わけで、どのように救助すれば被災者が安全
なのか考えてみる。まず様々な障害物を回避
出来る事、無線であちこち動き回れる。
隙間を通れるようできるだけ小さく。
被災者を発見したら取りあえず騒ぐ。
と言う事で、人に遭遇したら騒ぎ出すロボット
を作ってみようと思う。
さて、どうするか...
ロボット漫談用にピアニカを入手。
鍵盤楽器、なかなか面白い。幼少期に習って
いた頃はまるで身に付かなかったが...。
やはり人間興味を持たないと駄目らしい。
渋滞中の車中にて練習中。
現在のレパートリー
●リビナビダロカ
●よくラジヲでかかるサンバの曲
●アメリカ国家
●ロッキーのテーマ
●ファイナルカウントダウン(ヨーロッパ)
   
 
   
 
   

 
2007.12.12
ダイブ日報滞る...
前職場のPTC(プロトラックカンパニ)から年賀状制作依頼がくる。
去年も作ったわけだが今年は昨年時間がなくて出来なかった
事をやろうと思い制作。しかし今年も時間が無くて一つは
断念...完成品はなかなかいい感じ。
先日某美術館にて廃棄予定のG4を物色、その中身たるや
フルテューン。ハイエナの如く内蔵を引っ張り出し、
ハゲタカの如く持ち帰った(ちゃんと了承済み...)。
おかげで我がG4が見違えるほどのスペックを実現!
昔MACWEBのキャッチコピーで「このマシンの導入により
あなたは40分早く家族の待つ家へ帰れるだろう」とか書いて
あったのを思い出す。マシンスピードって案外重要だなと
感じる。インテルは無縁だが...
神戸ギグ終了。
なかなか楽しい一日であった。日帰りなので身体は
果てしなく重かったが...。神戸はロボットがアツイ
と言われているがなかなかどうしてその通りであった。
特に災害救助用ロボットが多いのが特徴である。
震災の教訓を生かしロボットを活用することは非常に
良いと感じた。そんななか考えたのだが、ロボットというと
ハードな素材で作られているイメージである。
生身の人間の身体に触れるにはなかなか危ういのではないか。
ソフトな素材のロボットを作ってみたいとふと思った。
というのは救助ロボットのミニチュアを見て救助ロボット
に轢かれる二次災害を懸念したからである。
それにしても師も走る師走とはよく言ったものである...
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.12.5
どうも手が動かない。
石油高騰による材料費値上がりのせいなのか
単に怠けているせいなのか...
おそらく後者であるがこれはいかん。
ここ一週間作業が密集している為どうも
テンパリ気味である。
取りあえず10日までがヤマなのでなんとか
乗り切りたい。
まずは脳内を整理する作業から始める。
これからKIMURAは制作強化週間に入る。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.12.4
なんだか無駄に忙しい...
神戸1往復終了。サンバーなかなかの走り!
なかなか燃費が良い。満タン550Kmを走破!!
来週日帰りでもう一度神戸出張...
せめてFMラジヲが聴けるようにはしたいが...
アトリエリホーム停滞。
取りあえず制作費を稼がなければならないのだが
鉄も高い昨今、まずは家の模型を作るとする。
早くも師走突入であるが、おそらく今年も
KIMURAに正月はなさそうである...
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.11.27
KIMURAカー改良。
神戸2往復に向けパンチ&ETC取り付け。
荷室床施工に際し、今までガムリャン
(布両面テープ)を使用していたが今回
セメダイン社「CL-7N」を使用してみる。
最高の出来映えを実現。私は今まで接着剤
をなめていた...固く折り曲げが困難な
パンチカーペッツもこれの使用により角が
出せる事が判明!しかも面積比率で考えると
明らかにガムリャンより安価である。
今度からこれだな。セメダイン社恐るべし。
車修理が案外安く済んだので何となく
欲しいものリストの最上位にあった
「マグライト」を購入。二日目で異様な
便利さを体感する。今まで地味に高かった
ので購入を躊躇していたがもっと早く
買うべきだった...
   
 
   
 

 
2007.11.26
タンク最終ウレタン塗装。
ほとんど磨かなくて良い仕上がり、
と思いきやまたも垂れる。
メモ:デカール部は塗料が溜まり
やすいため気を付けるべし。
よって乾燥後研磨&磨き、WAXにて
終了。長かった...冬場にやるもの
ではないな。
新KIMURAカー堂々の帰還。
クラッチ余裕の復活。ワイヤーのみ
交換する。神戸科学館の展示が
決まったのでそれに向け明日荷室
トランポ化予定。いつもの床ひき&
パンチ張、フィルム施工予定。
新作「KIMURAアトリエ」を思案。
材料費もさることながら何せサイズ
がでかい。慎重にかからないと
いたずらに出費がかさむだろう...
   
 
   
 

 
2007.11.21
タンク大詰め。
デカール、捨てクリア終了。
クリア少々たれる...
焦りすぎた。そしてカスタム
ペイント部少々溶ける。
ここでも急がば回れ、すなわち
焦りは良くない。明日から四日
出張であるから帰国後研磨、ウレタン
磨きとなる。乾燥におそらく数日..
むむむ...
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.11.20
塗った。
オレンジと黒はいい感じ。
しかしマスキングを取ったらアイボリー
若干はがれる。シクッタ。
やはりここでも気温の壁。
取りあえずこれらが完全乾燥
するのを待ち、はがれた部分の
修復に入る。その後デカール、
捨てクリア、ウレタン、磨き
で完成である。
やはり焦ると良い事は一つもない。
乾燥、どのくらい見ておくか...
これから打ち合わせに飯能へ向かう。
ウチより寒そう...
   
 
   
 

 
2007.11.19
タンク下地アイボリー完了。 塗装はやはり下地だと実感する。 サフ後1000番研磨。かなりぬるぬるした 仕上がりを実現。やはり塗装は楽しい。 明日はいよいよカスタムペイント。 ここからが腕の見せ所である。 明日で終わらせたいが気温の壁が越えられない。 取りあえず黒ストライプとオレンジをこれから ヌル予定。
   
 
   
 

   
2007.11.18
タンク制作中。
「花咲かG」最強!
こりゃ高くてもつかうわ...
どうやらこのタンク,ウレタン塗装が施されていた事が
判明。ラッカー系溶剤とすこぶる相性が悪くサフを
吹いたらみるみる縮んだ。よって全はく離、再パテ
うめをする。まさかのロスである。
今日は買い出し、パテ盛りで終了。
乾燥時間が歯がゆい。このところ福生はめっきり冷え込ん
できて全ての乾燥作業が難航。冬のほうが好きだけど。
取りあえずウサギを作ってみた。
まだまだ発表出来るクオリティではないが...
作りたいものががんがん増えている。
二代目KIMURAカー修理工場入り。
ちゃんと治ってくれるとイイが。
スペシャルサンクス
BOB
溶剤の吸い過ぎか酒の飲み過ぎか何かがおかしいので
今日はもう寝ます。当分在宅作業なのでなるべく日報
を付けたい...
   
 
   
 

 
2007.11.11
タンク制作依頼を受ける。
取りあえずサビ取りとエンブレムが必要
無いので取り外し&パテうめ。
かなり楽しい...この作業はティーン以来
である。ガソリンの香りは十代の香りで
あり、非常に懐かしい。昔は高価で使え
無かったNo.1ケミカル「花咲かG」を
惜しげもなく投入!大人の財力ってすごい
と実感する。明日内部コーティングと研磨
サフ下地塗装に入る予定。
二代目KIMURAカーを購入。
スバルサンバー。クラッチに難ありなので
名変&修理するまで乗れない...
治るかな...クラッチ。
「農道のポルシェ」の異名を持つサンバー
であるが今後の活躍に期待したい。
スーパーチャージャーこそ付いていないが
RRならではの抜群のコーナリングを体感
した。久しぶりに走るか...多摩湖外周。
ピカウサギ1/1研磨。
セメダイン社「穴埋めパテ」を薄めて
筆で塗りたくりひたすら削る。
かなりアヴァンギャルドな手法ではあるが
質感がすこぶる良い。もう少し奥行きと
透明感が出れば完璧である。さて、こいつ
はこれからどうするか...
作品にするとか図々しい考えは捨てて
ひたすら削る!削る!削る!!
要はクロッキー的扱いである。
   
 
   
 

(写真:Dピカウサギ用ダミーウサギ?)

2007.11.7
神戸ビエンナーレ敗退
一番会場を沸かせたと思うが、
そう言う事では無かったらしい。
むずいね、メディアアートって...
尾道にてKIMURAカー死亡。
おそらく寿命。高速走行中いつもの
吸気不良が続き混合機が薄くなった
状態で走行、それによる焼き付き
だと考えられる。悪い事をした。
今までありがとう,キャブ男...
そんなわけで帰ってきてからまるで
テンションダウンなわけで全く
何も手つかず。来月新作を作る予定
であるが(アトリエリホーム)
何をして良いのか全くと言った状態
で取りあえずスカルピーでウサギを
作ってみる。なかなかむずい。
しかしながらこねて構築する作業は
案外楽しい。コンセプトだとか
アイロニーだとか完全に無視して
とにかく手を動かす作業は何だか
しっくり来る。
とにかくこねる、こねる、こねる!
当分メディアアートはいいや...
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.10.27
OT-3レプリカを制作中。
以前より使っていたリモコン回路「ラジカン」
が生産中止のためマイクロラジカンという
新ラインを試してみる。
かなり基盤が小さい。ここまで来たか、ナノテク!
リモコン受信機20mm角、送信機50mm角。
今まで3Vだった為リレーをかませていたが今回の
マイクロラジカンは1.5V。その為リレーをかませず
受信回路とモーター回路を同じ電池でまかなえる。
これは革命か!と思ったがどうも出力が低い
気がする...電池が新品でないせいかも。
動作範囲も狭くなった為、新しい回路を探すか検討中。
フレームもマイナーチェンジ。
今までネジ止めだった部分をアクリル曲げで一体化。
かなり部品数が少なくなる。
いよいよ第3世代突入である。明日足部制作予定。
ot箱制作。かなりイカツイ。
これなら曲がる心配は無いだろう。
写真は、取り忘れ...
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.10.24
本日テレビ出演予定だったがポシャる。
久しぶりにフッタウェイ2、エッヂを動かすも
拍子抜け。メンテは完了。久しぶりでも
ちゃんと動くものだ。
なので急な休みを利用し、KIMURAカー改造。
荷室天井に36個のLEDを配置してみる。
なかなか明るい。これで深夜の積み込みも
心強い。写真取り忘れた。
明日から二日間地獄の現場が想定されている為
作業はその翌日にづれこむ。
OT-2、プレゼン資料を作る予定。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.10.21
ここ数週間デザイン会社に出向。
車や航空機のデザインなどを手がける会社
であるが、なかなか面白かった。
各部門の技術屋が集まり完全分業制でプロ
ジェクトを勧めて行くのだが、彼らの仕事
の完璧さと言ったら無いのである。私は
電機屋という扱いで出向したが、溶接工
塗装工、板金工といった各プロ達が集まり
「これお願いします」といって渡したパーツ
が完璧な仕上がりで戻ってくる。
配線や構造を考えながら電気を配備し、各
技術屋達が至高の加工を施すのである。
これほど心強く、安心して作業を進められた
ことはなかなか無い。
まさにモチはモチ屋、技術で飯を食うとは
こういう事なのである。久しぶりにお尻が
むずがゆくなる感覚を味わった。
そして何よりot-1を作っている頃の好きな
事をやり続ける感覚、言うなれば活動して
いるだけで満足という感情をようやく
思い出したのである。
思えば幼い頃から将来の自分は図工をやり
続けるのだとどういうわけか確信していた。
これからもどうなるかは全く持ってわから
ないが今回それを思い出したのは工房で
ごりごりやっているときに幼いときに思い
描いた風景がフラッシュバックのように
思い出されたのである。物作りが好きとか
そう言う事ではなく生きていることが楽し
いという感情であった。
こんなこと考えるのはアンニュイな秋のせい
かもしれないが取りあえず、作品つくろう。
目指せ神戸!
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.10.03
ロボット漫談撮影。
どうなる事かとかなり心配していた。
私は芸人でも何でもないのでなかなか
撮影は難航。恥ずかしすぎてVTRチェック 
すらままならぬ。家に帰ってから確認する
が案外良かった。今後の課題はテレビジョン
の音声の洗練とイメトレである。
これで一次が通れば良いのだが...
ネタ、もう少し考えよう。

スペシャルサンクス!
kdo,ksk
   
 
   
 

2007.9.30
雪コン完成。約3日、案外早くできた。
やい!Wンダーキット!!図面違うじゃ
ねーか!(スネ夫風で)
このデバイス、やはり自分で作りたい。
ICを何とか習得したいものである。
残すは本体ギアチェンジ。軸も作り
直したい。
ふと思いつく。PWMでメーターパネル
を制御しているわけであるが遠隔操作
と指針のレスポンスがすこぶる気持ち
いい。これを使って何か面白い事は
出来ないものか...。何となくこの
遠隔操作感に次回作へのインスピレー
ションを垣間見る。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

2007.9.28
昨日アキバ買い出し。久しぶりに行ったら結構変わってる。
本日設計、切り出し。やはり二回目は早い。後一日あれば
終わりそう。改善の余裕すら出てくる。早く終わらそう...
ot-1入賞!思えばこの作品は相当我が家の家計を助けている。
代表作とはこういう事なのね..。神戸本番に向けプレゼンを
磨く予定。狙うは大賞のみ!広島神戸プチツアーを敢行する。
テレビジョン停滞中....
次の二つのコムペに向け早いとこ制作したい。
しかしながらくそ、いそがし...。
最近写真撮ってないな。
 
 
 
   
 

 
2007.9.19
あれ、もう9月もなかば...
テレビジョン、リスニングが困難という
リサーチ結果を受け、抑揚をコントロール中。
月末撮影予定。果たしてうまくいくのか?!
先日制作した雪装置。スクローラーと命名
されたらしい。なかなか好評、良かった。
コントローラーをもう一基制作する。
ビックリするくらい大物歌手の頭上で回ります。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.8.30
明日でPTC(プロトラックカンパニ)を退社。
なかなか怒濤の一年であった。社会経験て
案外重要だなと感じる。特に音楽業界の
システムはなかなか参考になる。あーこりゃ
アートは売れないわけだとも感じた。
しかし音楽業界もアート業界のような時間を
かけて投機し作品価値を上げてゆく画廊システム
に反し目先利益追求型であるためどちらが良いの
かは一概には言えない。ともかくここは作家の
スタンスに依存するしかなく私としては楽しく
毎日夏休みとなるよう心がけて行く次第なので
バランスを保つしかない。
取りあえず、新作作るか..ロボット漫談...
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.8.22
DVD,書類共にほとんど完成。
あとは焼き込みと切り張り。検討を祈る。
KIMURAカーを改造。ホイールブラック化!
かなりカッコイイ...まるで新車。
コンペ一次通過した際、こいつで神戸まで
出向くわけだが、果たして大丈夫か...
今後の予定
●プロフェッショナルトラックカンパニの退社
●テレビジョンDVD-パホーマンスエディションの作成
●テレビジョンハード改造(足)
●M&E修理
●OT-3制作
●ホームページ充実
●ガーデニング
などなど。
 
 
 
 
 
 
 

2007.8.9
テレビジョンDVD大詰め。
パソコンをデュアルで駆使!
文字どおり二台同時にレンダリングと
書き出しの嵐。二つあるって便利だと
初めて感じる。手が止まらない。
よく考えたら普段
そこまでパソコンを使わないのに
なぜ2台あるのだという話しである。
まあ備えあれば...
現在の機材。
デスクトップモニタ死亡間近。
液晶欲しい。ノートBookHDD死亡間近。
男は黙ってフルスペック!120G!
   
 
   
 
   

 
2007.8.6
広島原爆投下の日。
本日一日中運転の為思考を巡らす。
日本も核武装を!という意見があるが果たして
それでよいのかとラジヲを聞きながら感じる。
被爆者の方々は終戦から60余年いまだ様々な
後遺症、精神的苦痛で苦しんでいる。
どこをどう考えてもこの核兵器を正当化することは
出来ないしこれを持つと言う事が平和につながるとは
考えにくい。核爆弾のおかげで戦争が終わったと
いう意見もちらほら聞くがこれほど犠牲者をだし
いまも尚被爆者を苦しめ続けるそれにもっともな
理由をつける輩はお前頭は大丈夫か?!としか
思えないのである。
正義の為に暴力を持って解決に臨むと言う事は
おかしな話で、人を傷つけてはいけないと言う事は
その代わりお前も私を傷つけるなよというルール
でもある。一方的に他人の生涯を傷つける権利は
誰にも無いしそれは「国家」対「人」であっても然り。
内心どうあれお互い傷つけるのはやめようねという
ルールが成立していれば良いだけなのだが...
今でこそ核兵器を保有する国が増え、近代国家間の
戦争は事実上あり得ないと言われているが、何かの
拍子にそれが稼動するかもしれない。
それを持っている事がどういう事なのか、それを使用
することによって何が起こるのかと言う事を日本は
世界に向けアピールしなければならないのでは無かろ
うか。取りあえずこのアニメブームに便乗して
世界各国で「はだしのゲン」を放映すべきでは
ないか。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.7.31
テレビジョンに関して、ここ一年どうしても
出来なかった書き出しが出来るようになる。
解明まで時間がかかった。
今後作ってみたいプログラム
●iアプリプログラム
●タイピング用エミュレータ
●音に反応するプログラム
●キーボードで映像を振り分けるプログラム
等々。
現在編集においていくつかのソフトを経由
しなければならないが、これをもっと
簡略化することが今後の課題かと思われる。
あさってから再度出張なので取りあえず
映像はへリーで仕上げる。
〆切迫る、月末...
 
 
 
 
 
 
 
 

   
2007.7.26
テレビジョンDVDダイブ出来てくる。
相変わらず出張が続いているが、デジタル作業には
特に関係なし。
ようやく外に出せるクオリティには仕上がってきて
いるが面白いのかは果たして分からず。
11月に結果がでるわけである。
人工知能について調べる。
いまだ20年前と同じ議論がされているらしい。
要するに人工知能(AI?)の定義がいまだ不明瞭
なのが原因である。哲学とプログラムの狭間、
互いの専門家達の温度差と対立が原因である。
もう少し幅広い分野の介入、すなわちアート的
側面を加えるとどうなるか見物だ。
人類が新しい生物を作るのである。各分野、領域
が介入せずして手に負えるはずがない、と思う。
差詰め私の役割は「ロボット」をエンターテイ
メントの次のステップへと昇化させる事、そして
世間の持ついわゆる「ロボット」へのイメージを
幅広く柔軟なものへと修正する事ではないかと思い
誰に頼まれたわけでもなく、制作をするわけである。
     
     

写真:プログラミング風景

2007.7.11
11月はロボットイヴェントがアツイ。
今から準備を重ねているが果たして
間に合うのか...
今年の方向性は「人工無脳」を駆使する
という結論に至ったのでテレビジョンを
何とかする予定。
ot-1の映像を撮る。なかなか良い感じ。
これからテレビジョンの新キャプション
といくつかの写真を撮影する。
あと新しいプログラムを作成中。
「人工無脳」を駆使したロボット漫談
を完成させる予定。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.7.3
いつの間にか七月。
作りたい物がある、それも複数。自分の制作について
常日頃思う事だが、ゴールを閃くとそれまでの道のり
を考え始めるわけである。いつの間にかゴールまでの
道のりが目的になり地図を描く事が目的になる。
地図を描いていると地図の完成がゴールになりがちで
目的地への到達は二の次になってしまうわけである。
ゴールがぼやけてくると地図もその後意味をなさなく
なってしまうわけであるから、無駄な活動をしてしま
ったとぼんやりとしてしまうわけである。
取りあえずは焦らず手を動かすと言うことなのか。
あくまでゴールの解像度を下げず、最短距離での
ルートをめざしたい。
最近javaについて調べているが、何となくjavaプロ
グラマー達に幼い頃に見た古き良きAKIBAを感じる。
古き良きAKIBAが良い物なのか悪い物なのか世間から
見れば確実に後者であるが、敷居の高い硬派な雰囲気
はなんだか好きです。OLD MAC等にもそのたぐいの
雰囲気を感じるわけで、このページにもそのたぐいの
それをにじませて行きたい。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.6.27
トラックをグリスアップしてみる。
主にパワーゲート部分なのであるが(リフター
というのが一般的なのか)各注油必須箇所に
用意されたポッチにグリスガンの先端を差し込み
びゅるびゅると注入するわけである。
トラックをよく見ると驚く程簡素であったり無駄に
ハイテクだったりしておそらく機能を追求すると
こうなる、だとか強度を考えるとこうなるだとか
非常に興味深い。主にトラックというやつは
キャビン(運転席)と箱部分が別の業者によって
つくられていて何となく不親切だったり非一体感
があったりするのである。今回三台グリスアップ
したわけであるが全て構造や作りが異なっていて
一台一台のオーダーメイド感を実感。
あれほど大きいものが千差万別であるとすると
トラック製作もまだ手仕事の域を越えないのだ
と実感した。現在人工知能についての考察をしている
わけだが今後コンピューター知能、すなわち開発
学習型の人工知能が完成しこういった職人的手作業
を担う事になると職人芸はその流派によって様々に
受け継がれ、発展を遂げていくのでは無かろうか。
職人がプログラムを打ち込み、ロボットアームが
技を洗練させていく。そのロボットアームも
世代交代の段階で技を伝承し受け継ぐわけである。
いつかロボットが人間の伝統職人芸を受け継ぎ
さらに洗練させていく時代が来る。そう考えると
未来も捨てたものではないなと感じるわけです。
 
 
 
 
 
 
 

   
2007.6.23
見えてきた見えてきた。
取りあえず...
早くも個展はピカウサギが関係なくなりつつあるが
まだ油断は出来ず。
まずはテレビジョンとロボット文化論。
相変わらず日常に現実感は無し。何だか大学生みたいな
悩みである。ロボット文化論,いろいろな人に
インタビューを敢行してみたい。アポってどうすれば
とれるのかしら...
この日誌、そう言えば四年目突入?!
良く続いてる。
   
 
   
 

   
2007.6.15
またもパソコソの調子が悪い。
やる気を出すときはいつもこれだ。
手作業に切り替える。
   
 
   
 


KIMURAメッセ`08
-ピカウサギの世界-
2007.6.14
個展を開催すべく表参道のギャラリーを
視察。とてもオサレ。ここで出来るかどうかは
分からないが家宝は寝て待て、あわてる
乞食はもらいが少ないと言う事だ。
個展についてのヴィジョンが出来てくる。
最近脳の調子がおかしい。何をやっても
どこへ行っても現実味が無い。まるで夢
を見ているようで実体のない現実に実体
のない身体。何かがおかしい。
昔からそのような感覚はあったのだが
最近めっきりヒドイ。気が触れてしまった
のでは無いかとも思ったりして。
しかしながらこの感覚は今回の個展に向け
役に立つ気配がしているので良し。
夢の中にいるような感覚こそ今回のKIMURA
メッセには必要不可欠であるし
何かイリュージョンが起きるかもしれない。
取りあえず明日からいろいろ試作品を作ります。
 
 
 
 
 
 
 

   
2007.5.30
日誌がダイブ滞ってしまいました。
まあ不定期なので良しとする.
ここ数週間の動向。
雪装置だいたい完成。あとは道具屋さんに発注
した筒を取り付けるのみ。長かった...
PWM制御になかなかの可能性を感じた。
こいつが操れると機械に関してはいじょうに自由度
が増す。そろそろPICヤッテミタシ。
台湾雑誌になぜか連載が決まる...
コラムとか書いてみる。一人monoマガジン,
一人工具研究になる予定。オサレ雑誌ではあるが。
個展、来年にずれ込みそう。
動くの遅すぎた...まあ来年で良しとする。
場所はまだ確定ではないが感触はつかむ。
一人ではまず行かないオサレSPOTである。
取りあえず自分の中でゆるゆると波が来ているので
いろいろ作りたし。絵とか。まずはパネル
を用意しなければならない。
   
 
   
 

   
2007.5.8
雪装置だいたい見えてくる。
しかしながら問題なのは納期。
後に週間であげなければならない。
これに専念できれば3日で終わらせる
自信はあるのだが...
自信の作品は全く進まず。
しかし予算を稼がなければならないので
仕事も制作である。多分..
   
 
   
 

 
2007.5.5
久しぶり
仕事全くおわんね...にゃべぇ
出張終了フランスペイン。
ガウディ建築はおそらく人生のウチ達成しなければ
ならない20のリストのうちの一つには入る。と思う。
近づくにつれそれから放たれる
異色なオーラをわたしの身体はびんびんに
感じ、ファーストcontactはある種の突風が吹いた。
例えるならば板垣先生作「バキ」のオーガが登場する
シーン、周りの背景がなまらぐんにゃりしている様子に
似ている。これほどまでにもったりとしていてそれでいて
センシティブでぺっとりまとわりつく存在感は
なかなかあるものではない。
   
 
   
 

 
2007.4.23
思うところアリ、徹夜してみる。
個展に向け、どうも波に乗り切れて
いない感を受け手を動かしてみる。
手を動かす事が最善のようである。
明日から出張。フランスペイン。
作業は10日ほど滞るが何か得るかも
しれないのでここはポジチブシンキン
で行きたい。
急がば回れ、ということで...
おそらく考える時間はいくらでも
アルので、五月スケジュールを立てる。
きっと地獄になる...
   
 
   
 

 
2007.4.19
原型だいたい修正完了。
これから細部詰め、型どりに入る。
雪装置GOが出たので本格製作開始。
取りあえずあと3つ。
コントローラをPWM化。
モーターノイズがなかなかのものなので
コンデンサを入れてみる予定。
あとネジ緩み問題発生。何とかしたい。
写真取り忘れ...
 
 
 
 
 
 
 

新作:ドロッピカ原型ビホーアフター

2007.4.16
新作制作開始。
初スカルピー。コレハなかなか面白い。
考えてみれば今まで大きな材料から切り出し
加工後組み立てといった引き算の作業が
メーンでありこういったゼロから作り出す
足し算的作業は殆どやったことが無い。
なかなか得るものが多そうである。
今回の個展はおそらくKIMURA的素材研究の
性質が強くなるであろう。キャスト、FRP,JAVA
などが課題。しかしまずギャラリー決めなければ..
取りあえず初キャスト作品の原型制作。
雨粒型彫刻であるが今のところフォルム、質感
といい高い割合でホタルイカである。
何とかつるっとジューシーに仕上げたい。
これも飽きるまでやる予定。
スタイロ彫刻は停滞中...
まあ手をうごかすしかなかろう。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.4.15
雪装置だいたい形になる。
明日打ち合わせて最終形態に詰める予定。
製図はしっかり引いたがこのサイズになると
なかなか誤差が出てくる。まあ人為的ミス。
極力ミスを減らし効率を上げよう。
課題はブレーキとkillスイッチの関係性。
新作案思いつく。
タイトルがヤバイ。確実にヤバイ。
しかし少し冷静になって考えてみる。
   
 
   
 

 
2007.4.9
雪装置ダイブ出来てくる。
取りあえず今はショートバーヂョンであるがゆくゆく
2000mmになる予定。製図をしっかりと引いたが
最後のつめはやはり現物でのすりあわせとなる。
取りあえず早急に一台完成させたい。
そして早いところ終わらせウサギを作りたい...
   
 
   
 

 

(写真:雪装置フレーム)

2007.4.2
ハンヅ授賞式、今年で取りあえず今の
形態は最後らしい。いつ復活するのか未定。
Lifeworkだっただけに残念。
作品展、開催。3.30-4.1。
仕事舞い込む。
雪降らせ装置。
モータの制御に案外手こずる。
ケーブル50mは延ばすらしいので案外
むずい。PWM制御を考えるも既製品では
容量が足りず。普通にDC-DCコンバータ
をかまして実験してみる予定。
納期六月であるがなかなかきつい...
フレームを溶接。
ホムセン型溶接機で楽勝。
t=2mmだし。スライダック焦って買わなくて
良かった...
工場そばに鋼材屋を発見。なぜかアメリカン
カントリー調の事務所。かなり不思議...
品揃えは申し分ない。
   
 
   
 

 
2007.3.25
フィギュアスケートを見る。
ツールドフランスもそうであったが、スポーツは
生観戦に限る。なかなかの緊張感を体感。
KIMURAカー車検。
通るのか分からず。車検可能ならばあと二年
乗ることとなる。根性試しにレストアをしたい。
最終的に歩く車になる予定。
いろいろ停滞中。
取りあえず停滞しているものを洗い出してみる。
あ、明日誕生日...
   
 
   
 

 
2007.3.22
最後の表面仕上げをどうするか。
パテによる磨きを考えていたが
シリコンによる仕上げを思いつく。
どの程度のレヴェルまで仕上がるのか
分からないので取りあえず実験。
目地うめ用シリコーンをへらで延ばす。
その後5-56でオイリーにし、充分に
オイリーにした指先でならす。
まるで陶芸のような作業である。
ただいま乾燥中。質感は面白くなりそう
であるがクオリティがどの程度
になるかは未知...
   
 
   
 


写真:水木しげる記念館前
2007.3.14
今鳥取。何にもない。
いろいろ思いつく。早いとこ帰って実験したいもの
である。
水木しげる記念館を視察。
壁に水木しげる先生の描いた落書きがある。
落書きとは思えないほどのダイナミズム。
マジックとは思えないほどの迷いのないタッチに
ビビる。寸分の狂いもなく引かれたアールは見事な
までに動きを再現し適所に配置された線によりどっしり
とした量感が匂い立つ。
そして何より原寸(?)なのにフォルムに隙がなく
構図も抜群である。さらっと描かれているのに計算
しているかの如く細部がしっかりと前に出ている点
はさすがとしか言いようがない。
そして街の至る所に妖怪がいる。境港、恐るべし。
この視察によりKIMURAメッセの構想加速する。
 
 
 
 
 
 
 

   
2007.3.12
やべえ、いつの間にか三月。
日誌をダイブ付け忘れる。筆無精気味
である。
ピカウサギダイブ丸くなる。ジェッソを
使い目地を埋めているが効率が非常に
悪い。水性プラサフを後日実験予定。
Dピカウサギ構想固まりつつある。
マテリアルのキーワードは布とヒモ。
台湾の雑誌に載る。
漢字が全てイカツイ...
雑誌に寄稿中。
取材に走る。とは行ってもアトリエ
両隣の店であるが。
確定申告。領収書のまとめが終わる。大変...
以上が三週間の動向。
これから展示案をイメージしていく。
まずはプレゼン??
どこか個展やらしてくれるところは
ないだろうか...
   
 
   
 

 
2007.2.17
KIMURAアトリエダイブ片づく。
先日のごみ収集で得た棚、作品箱
などダイブ中身充実。
そんなわけで製作開始。
まずはDピカウサギ制作にあたり
いろいろな立体を作ってみる。
それというのも、最近構造と機構に
とらわれすぎていていまいちダイナミズム
にかけるきらいがある。ロボット処女作
である「ピースウォーカー」開発当初
の勢いを取り戻すべくまずは頭と思考
をリセットする作業を開始する。
手近なモチーフとしてピカウサギを選定。
この作業にピカウサギを用いることで
副産物として現在のKIMURAが見えてくる
はずである。
今年開催予定(先ほど決めた)の
KIMURAメッセ`07の構想を先ほど思いつく。
おそらく今までのKIMURAとは方向が多少
変わるが、このにじみ出るモノを吐きださ
なければ気持ち悪そうなのでかまわず
開始する。
   
 
   
 

 

写真:ローランド社スペースエコーRE-201
2007.2.12
コンペ応募断念。
実現は可能であるが予算の都合が着かず。
大人の事情と言うやつである。
まあ、今後に期待しよう。
最近ごみ収集にふけっている。
先日ある倉庫整理の為トラック出動。
不要品を回収する。
そんな中で感じたのは、「粗大ごみ」とは
本当の意味での「ごみ」ではなく不要品という
性質が強いのである。私は幼少期からごみあさりが
趣味であったが、ゴミ捨て場には何か未知の気配が
漂い、「偶然」という言葉ではかたづけられないような
出会いがある。何が落ちているか分からない
イレギュラーな感覚は目的を持って出かける
お店では得られない興奮を
もたらしその偶発的な出会いにより私の頭は何かを開始する。
私の人生にとってこのゴミ捨て場との関係は
無理矢理偶然を提供され次の行動が必然となる流れであり
良いものがあればもらい、無ければまた後日と、日常の平滑化
を防止する重要な要素である。
そんななかゲットした珍品「スペースエコー」
HードOフに売りに行くわけであるが、査定中わらわら
人が寄ってくる。平日の昼間から怪しげな人々に取り囲まれる
「俺、査定額より高く引き取るよ」
「私は4千円出しますよ」
「いやいや僕は五千円」
あっという間に青空オークション開催。
あれよあれよと言ううちに一万円で落札された。
HードOフの査定額は千円。安いが用途を考えると
順当な価格だろう。
店員には営業妨害と注意される。それはそうだ。
要するに需要と供給、必要か不必要かでものの価値は
おかしく変わる。このやりとりを見てアートが売れない時代
作者は適所にピシッと作品を送り込むスキルが必要なのかしら
と感じた。
   
 
     

 
2007.2.10
コンペ用新作模型を制作中。
コンテナ内部を再現。
デジタル実験は成功しているが
実寸での実現は可能か...
慎重に行いたい。
スピードディスプレイというタイトル
にする
   
 
   
 

2007.2.8
ここ二週間の動向。
○なぜか台湾の雑誌からインタビュー
ふんどしについて熱く語る。
○特殊効果用試作器制作。
スイッチを押すとプロペラが飛んでいく。
仕事につながるかは不明。
○最近構造にとらわれている気がするので
動かないモノを制作中。
多分すぐ飽きるのでスタイロで制作。
まだ途中...
○KIMURAアトリエ下駄箱を制作。いい感じ。
○コンペ作品を思案中。神戸に行きたい。
(写真:プロペラ機構)

 

 
 
 
 
 
 
 

 
2007.1.24
どうやらM&Eがハンズマインド賞を
受賞したもよう。
またも大賞を逃すが「勝負は水物」という
名言がある。残念だが、受賞したのでよし。
良くやった!M&E!!
つぎこそは...!
今年は早くもコンペが混んでいるのであと二つ
取りあえず送ることにする。
現在金沢出張中であるため出先でデヂタル作業。
今日はもう寝ます。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.1.16
困った、いろいろ困った。
駐禁切られる...しかも三点減点。
となると免停コースかもしれないので
またも先立つもの...
KIMURAアトリエのガス代がかなり高額。
推測するに給湯器温度調節機能不備によるもの。
いろいろ困った。
というわけでてっとり早い仕事を探す。
まずはコムペか...
密かに進行中のプロジェクトがあり、研究中。
今年中には形になる予定ではあるが、
今は公に出来ず。元来喋りたがりであり
少々きつい。
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.1.8
発送完了。
終わった,長かった...
明日からピカウサギ漫画編集に取りかかる。
 
 
 
 
 
 
 

2007.1.7
梱包終了。
TETSUYA!!
検討を祈る。頼んだM&E!
最近トラックづいているので
至高の内張になったと思う。
あとは向こうで上手く動いて
くれれば完璧である。
心配だ...
明日発送予定
 
 
 
 
 
 
 

 
2007.1.4
明けました。
今年もよろしく。
エンドパーツ塗装成功。
ミッチャクロンマルチ最強くさい。
もうすぐメンテ終了。
2006まとめ
制作物
○mota & edge
○テレビジョン
○回るKIMURA看板
○OTシリーズ(確か三台)
○メタルドック(二体)
○ラグジードリンクホルダ
○新KIMURAアトリエ各部
いろいろ制作途中のものがあるので今年は形にして
いきたい。特に、デジタル作業で停滞しているもの
が多数あり、ガリ勉化する予定。
あとできたら展示、KIMURAメッセ...
今年もガムバリます。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.12.30
いろいろ調べるウチ行き当たる
「テロソン社ミッチャクロンマルチ」
どうも足部エンドパーツの塗面が縮む為、下地を再考する。
突出すべき点は下地を選ばない。
アルミ無垢材からPPまで幅広く対応。
ネーミングセンスもさることながら、期待できそうな一品
である。
これから使ってみる。KIMURA自家塗装に革命がおきるのか?!
最近水面下で描いていたピカウサギ漫画。
公表すべきか迷っている。
案外エグくなる。もうすぐ年明け。
今年もKIMURAに正月はない...
   
 
   
 

   
2006.12.29
足部エンドアクリル塗装失敗
アクリルへラッカーの塗装はやはり無理らしい。
プライマーどうやら意味無し。
パソコソの調子がおかしい。多分HDDが末期。
足部エンドアクリルぬっちまったものはしょう
がないので乾燥後研磨予定。水性を試してみる。
とんだ時間ロスである。
取りあえず足部取り付け用ステーの制作を優先
する。あと六個。
塗装しているだけあってWAXをかけると抜群の
光沢である。
   
 
   
 

   
2006.12.28
M&Eメンテ中
ベベルギア部かなり改良。
まだから回ししかしていないがいい感じ。
組み付け前に各部細部処理にはしる。
足部エンドアクリルをリベット化。
かっちり決まる。あと七個...
今回のメンテ、この「足部エンドアクリル」
に鍵があると見た。全体を仕上げるより
ここである。
なぜなら郷ひろみ氏曰く、ダンスは最初と
最後をぴしっ!とするときれいに見えるら
しい。
今回こそ大賞を取るべく
精密且つダイナミックにメンテする予定。
   
 
   
 

   
2006.12.26
ハンズ大賞一次通過した模様。
今日からメンテ強化週間として新アトリエにて
作業開始。まずは優先順位の決定と言うところで
1.モタシャフト改良
2.足部アクリル半球固定
3.キワ
4.磨き
新アトリエでの作業。
トイレ、風呂、部屋がついているのは非常に
便利である。セイサクマシーンになれる!
JBさん、ご冥福をお祈りします。
明日必要素材の買い出し。

   
 
   
 

   
2006.12.10
北海道から帰郷。作業は進まず。
札幌は寒すぎである。しかし新アトリエもこのくらい
寒い気がする。
壁パネル張り込みは完了。
残り作業は
1.キッチングの壁づくり
2.収納の補強工事、
3.内装ペンキ仕上げ
4.テントの塗り替え
5.看板の塗り替え
である。しかしそろそろ制作したいのでいくつかは
省く予定。なので1と2を終わらせたらいよいよ
本格引っ越しにはいる。
今年もKIMURAに正月はない。
写真は取り忘れる。
   
 
   
 

 
2006.11.29
壁パネル張り込み。
全くおわんね。大まかには貼ったので
ここからは細部をイメージ予定。
旧アトリエよりかなり狭いので収納を
効率よく行わなければならない。
取りあえずはスケッチで詰めるとする。
すぐ近くにあるプロユース型ホムセンは
高いが秀逸の品揃えである。
   
 
   
 

 
2006.11.28
引っ越し開始。
なかなか荷造りに手こずる。
ほぼ荷造りで一日が終了、しかもまだ途中。
明日から引っ越しアシスタント(弟)を投入。
アトリエ目張りまでは行きたい。
隣はスナック、その隣はオサレショップという
おもしろ物件である。
ちなみに一番手前が新アトリエである。
LED電飾までついているのでゆくゆくは活用したい。
KIMURAカー相変わらず調子悪し。
近々点検に出す予定。
   
 
   
 

 

(写真:蘇生後のKIMURAカー)
2006.11.27
KIMURAカー故障。
エンヂンかからず。二時間ほど各部を点検ス。
携行缶にて給油、水抜き剤を投与。事なきを得る。
推測するに一週間ほどの放置に昨晩の雨。
どうやらタンク内に結露発生。各管に水分が
たまっていたと考えられる。現に水抜き剤投与後
エンヂンの調子がすこぶるよい。
しかし推測であるので本当の原因はよく分からず。
もしも一発始動していたら事故に遭っていたかも..
と考えるとこれは何となく気分がよいので
そういうことにしておくと決めた。
さて、明日から二日間引っ越し作業。
橋本から福生に移転である。
今回は住居兼店舗である為工場と住まいをプロデュース
する必要がある。北米ラグジースタイルと決めているが
店舗用テントのペイント、電飾看板スタイル表札は
必須項目である。
まずは旧アトリエ荷造り&新アトリエ空間プロデュース
に一日目を費やします。
 
 
 
 
 
 

 
2006.11.26
やべえ、11月が終わりそう。
KIMURA新アトリエ決定!
あさって引っ越し予定。
まずは年内に引っ越しを終わらせたい。
今年もどうやらKIMURAに正月はない。
使用予定であったM&Eベベルギアパーツ、
構造的に不可能であった。
いちから作らねば。
溶接機入手。しかしながら薄板にしか
使えず。新工場は200Vも使用可能である
からいかついやつが欲しい。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.11.13
取りあえず箱作成。
中身と止め金具類は後日作成予定。
海外輸送計画は後日。パンチ張り&アングル補強
を追加でいけるはず。今回使用した「スリムネジ」
という製品は箱づくりに最適である。
メモ:3,3×30mm
今度からこれを使おう。今回の箱がスタンダード
になっていく予定である。
パワーブックの様子がおかしい。
衝撃か寿命か。
取りあえずDVDは読めず。ハードディスクは
ピコピココロコロ言っている。
欲しい、120GB。
男は黙ってハイスペックである。
 
(写真:M&E用箱)
 
     

   
2006.11.11
いつの間にか11月。
ちょっと焦ってきた。作業何も進まず。
取りあえず箱の製図は完成。切り出し
にホームセンターを活用予定。
ギアを発注せねば...
モタマイタギア部を改良予定。
ギアがずれてバックラッシする構造上の
欠陥を解消予定。その為いろいろな部位を
施術予定である。
ギアはキー溝にするかビーロックにするか。
迷うがかかるトルクを考えるとキー溝である
フライスがない今、士郎先生風に
ヤスリとタガネで何とかするしかない。
取りあえず今日はもう寝ます。
   
 
   
 

   
2006.10.28
仏ティストに言わせると
KIMURAはKIMURAであるが、
KIMURAは私ではない。らしい。
輪廻転生を考えるならば、魂は肉体とは
別であり、肉体はマジンガーZであり、
魂は兜甲児ということになる。
日々死ぬ者がいて日々生まれる
者がいるこの世界では絶対的なバランスが
あり、両者の関係は1:1であるとする。
人類は増え続けているが全ての生物で
みると人類が増える代わりに他の生物が
淘汰され全ての生物の絶対数は変わらず(多分)。
ということは、魂は次々と生産されるマジンガーに
乗り換え続けているだけで増えもせず減りもせず
数は変わらず。
となると兜甲児はいったいどこで生まれてどこから来た
のか?
仮にA.Iが完成しロボットが自我を持つことになると
そこに魂は宿るのか。そこで魂の絶対数が変わらないと
すればマジンガーの乗り手不足が発生し、ロボット以外の
生物がさらに淘汰されることとなる。
仏ティストとのやりとりで
ロボッツに魂は宿るのかということをはっきり
させたかったが英語が不得手で断念。
次の機会に何とかしたい。
   
 
   
 

 

(写真:JR南橋本駅)

2006.10.27
新作案を思いつく。
年内は制作時間が絶望的なので取りあえずは
スケッチを重ねる予定。
現在制作待ち
○M&E用箱
○ダンシングピカウサギ
○テレビジョンムービー
○ピカウサギ漫画
○いろいろな文
○新作
むむむ...
取りあえず○M&E用箱の寸法は出したので材料
きりだし予定。彼らサビが進行中。
どうにかならないものか。
南橋本、久々にいったら駅だけ近未来化
ぽっつり光っていた。
KIMURAアトリエは駅から徒歩二分であるが
これは環境にそぐわないと感じる。
アトリエは今年いっぱいで引っ越し予定であるが
様々な制作を振り返ると何とも寂しさとも
違ういくばくかの感情が出てくる。
それは秋のせいなのかこのぽっつりのせいなのか
定かではないが、おそらく○M&E用箱とM&Eの
メンテナンスがここでの最後の仕事になる。
気を引き締めたい。

>正道さん
お力になれなくてすみませんでした。
   
 
   
 

2006.10.23
香港マカオ出張終了
香港は苦手である。
マカオは非常に良い。
最近なぜか食について考えるところが
多く今回の二国間は的確にそれが反映されていた
(気がする)
食にウエートを置かない国はどうもせわしない。
(気がする)
 
(写真:香港の昼ご飯)
 
 
 
 
 

 
2006.10.14
妙案を二つ思いつく。
一つは個展、一つはショップ。
まだ発想の段階である為あまり公には出来ないが
来年の目標になるだろう。
上手くいけば本田宗一郎になれる。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.10.13
久しぶり。ハードオフにて機材用ケースを購入
なんと驚きの500円。二つ購入で千五十円という
安さである。たまたまこの箱会社の方に会う機会があり
その大安売りの事実を報告したところ悲しい表情を
していた。普通に購入すると三、四万とのこと。
当たり前である。
otシリーズ用ケースとして活躍する予定。
今年最大のヒキだと思われる。
モタベベルギアを再度選定中。
現在ネジによる止めであるがバックラッシがひどい為
点から面へ移行する。
キー溝にすれば良い話であるがフライス
が無いので断念。
しかし教育歯車にて至高の一品を発見。
高そうであるが発注をかける。
ハンズの一次、とおるのかしら...
   
 
   
 

   
2006.9.23
手品に機械作家との類似点を垣間見る。
作品(ネタ)の見せ方を考え構造(タネ)を考え
オーディエンスに最上の形で披露する。
何より手品は構造(タネ)が命であり絶対に知られては
ならない。ましてミスや故障はネタバレにつながる為それら
があった場合次からはそのタネ(構造)を使えなくなる。
どんなに費用がかかろうが練習しようがミスが発生した瞬間
使えなくなるのである。
これほどシビアな見せモノは昨今ほとんどない。そしてほとんど
個人レベルで開発を行うのである。
非現実を見せる為にはわずかなミスも許されず故障などはプロとして
あるまじき行為であると実感した。
レーサー牛、故障す。
ハンドル部ネジがバカになる。
そしてスイッチ部接点不良。パブリックイベントなめるべからず。
ユーザーは100人いれば100通りの使い方がある。
構造が甘い。急がばまわるべきであった。
明日修理予定。既にオークションで入札が入っている模様。
数ある中このKIMURA牛をCOW奇特な方はどういった関係の方なのか。
取りあえず明日治します。
これからmoto&edgeの箱を制作予定。海外に送れるレベルにする予定。
そのような予定はないが...
   
 
   
 

   
2005.9.20
現在広島。
長期出張も明日でようやく終了。
今年もハンズ大賞が始まった為約一週間の間書類用文章
を考えているがどうもしっくりとしない。
私の文章力が落ちたのか、思想が散漫なのかわからないが
とにかく納得がいかない。〆切は11月であるが何となく歯がゆい
なるべく早く仕上げる予定。今回こそグランプリを狙いに
いきたい。
前回のKIMURA新アトリエ候補が決裂したため未だ探索中。
あさって内見予定。予算との相談となる。
まずは作る環境を整えなければならないはず。
   
 
   
 

   
2006.9.13
9.11から丸五年
各局では特集が組まれ昨晩興味深い番組が放送
されていた。イラクとアメリカの学生達がシャベリブ
するといった番組であったが両国の学生達の温度差に
愕然とする内容(私だけかもしれないが)だった。
お前マジでそんなこといってんのか?!的な発言が
いくつかあったが教育なのか情報操作なのかわからない。
わたしはいわば第三者の立場であるからあれだが当事者
通し話し合って解決するのなら申し分ない。
海外の若者は政治への関心が高い
とは言うが少し疑問に思う内容に煮え切らない思いが
ぬぐえず今日一日考えていた。
ちょっといろいろ煮えくらん。
現在高知。
   
 
   
 

   
2006.9.7
カウパレード開催。
KIMURA牛は国際ホーラムの東京駅側の交差点付近にいます。
新アトリエ探し。
前回の有力候補が決裂。本日再度足を運ぶ。
六件中手応えほぼゼロ。一つだけ面白い物件がある。
福生レッドライン(赤線)中心部のものである。
まるで初期の村上龍作品のような荒廃具合でいてそのうち
サザンクロスくらい荒廃が進むのでは無いかと思うような
荒み方であった。確かに限りなく透明に近いブルーの目をした
巨大な鳥が現れてもおかしくないほど浮世離れしていて
昼は不気味な静けさを内包している。
活性化する16号とは裏腹に
多摩地区特有のひどく黒ずんだムードをもつ
福生を久しぶりに垣間見た。
少し気になってはいるが再度探す事にする。
   
 
   
 

   
2006.9.1
現在4tトラックを補修中。
腐食により変形してしまった箱部分をパテうめ補修。
スプレーガンを初めて使用するがなかなか面白い。
管スプレーより繊細かつ豪快な塗装が楽しめる。
普通の車とは異なり大味な補修であるため遠目に見て
よしという補修を目指す。
明日パテ研磨、塗装まで仕上げる予定。
セメダインの「穴埋めパテ」は究極の一品である。
木工から板金まで多彩な用途がこなせる。
KIMURAアトリエ移転計画。
福生に建設予定。なかなかの広さを確保。
防音処理をどうするか...
   
 
   
 

 
2006.8.22
久しぶり
16日にKIMURA牛完成。
怒濤の3日と数時間であったが
なかなか楽しい制作であった。
リキテックスのべた塗りには熟練が
いることが判明。
黒はマジック、白は修正液で対応。
修正液は優れた白を提供してくれることが
判明。今後に生かそう。
初めてのFRP加工、あれほどかゆくなるとは
思わなかった。夜も眠れず。
ロデオフットを入れていたKIMURA BOX
なかなか役に立つ。今後の出張作業用に
補強したい。
[写真:KIMURA SPEED製 RACER牛]
ラグジーLEDライト、カウベルクラクション搭載。
   
 
   
 

 
2006.8.12
カウパレード制作始まる
ひさしぶりの作業は楽しい。
しかしながら3日で終わるのか
内心穏やかではない。
今日は切断、ベース塗りまで。
明日は取りあえず五時起き予定。
この牛、どうやらなかなかのお値段らしい。
ツノ切っちゃった...もう後戻りは出来ない。
   
 
   
 

   
2006.8.11
明日から三日間お台場出張。
なかなか楽しみである。
プラクティスもだいたい終わりあとは牛との対面。
遠足の前日のようである。
「満タン」の「タン」の意味はなんだろうか?
     
     

 
2006.8.7
KIMURAカー改造
写真ではわかりずらいがパンチを敷き
トランポ化。
積んでも快適寝ても快適仕様。
カウベル入手。
デスクトップマシンG4AGPgraphic購入
これからフルチューン化予定。しかし未だ
動作チェックのみ。
〆切が差し迫ってきた。
なかなか時間が乏しいが明日カウ素材
を入手予定。
今日はもう寝ます。
   
 
   
 

   
2006.8.5
カウパレードに向けKIMURAカーを強化。
過積載化&安らぎ空間になる予定である。
買い出しリスト

ハンドル
Zグリップ
ブレーキレバー
バネ
ワイヤー
電池ボックス
コード
筆&ハケ
   
 
   
 

   

(写真:メタルドック、ot-3レプリカ

2006.8.4
やつらが帰ってきた。
in-1ことメタルドック、ot-3レプリカ。
電池ボックスの取り付けが緩くなったとのことで
修理依頼を受ける。
彼らが巣立ったのは三月であるからして
四ヶ月無故障ということであるが
しかしながら四ヶ月では企業の製品としては粗悪ランク
に位置されてしまうので取り付け部改善をはかる。
とはいえ両面テープ止めが良くなかっただけなので
ネジ、もしくは接着にする。
二台同時に落ちたと言うことなので両面テープの寿命は
四ヶ月ということになる。これはなかなか興味深い
データーである。
さて,カウパレード参戦がどうやら決定したらしい。
仕上がりのイメージは完了し残すは細部、キワである。
LEDを100個購入。
制作日数3日、時間との戦いになるだろう。
8/12-8/14までお台場アトリエにて制作予定。
楽しみである。
   
 
   
 

2006.7.23
イスズELF用テーブル。
一体型のほうが使いやすいと思われる
ので後日マイナーチェンジ予定。次は
イスズフォワード用の予定。
カウパレードグラヒック構想中。
製作期間24時間で牛が実物大
ということもあり入念なプラクティス
が必要である。
制作開始まであと三週間。
明日から苗場出張。無類のロックヘス
嫌いと知られるKIMURAであるが
仕方なく行く。
夏風邪をひいてしまった。
夏風邪ほど絶滅してもらいたいものは
ない。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.7.18
カウパレード参戦がますます濃厚なため
思案中。どうやら丸の内で開催される
セレブ系イヴェントらしく、これは営業しない
手はないということで広告的な作品を作る予定。
広告とグラヒックの関係と言えばレーサーマシン
である。というわけでレーサー牛を開発する。
ちょうど車パーツを制作していたこともあり
ここいらで「KIMURA SPEED」というラインを
立ち上げてみる。シュミレーションであるが。
ラグジー、レーシー、ポップ、クール、ギラギラ
がメインテーマであり久しぶりにグラヒックに
力を注いでみる。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.7.17
カウパレードなる牛ペインティングイベント
に出品が濃厚のため、実験中。
スイスではポピュラーなeventらしい。
まずはKIMURAカーでいろいろ実験。
カッティングシートと併用して塗りを行うと
質感が面白い。
powerBookのCPU壊れる。多分熱。
やはり無理があったのか。
買うかーデスクトップ。
   
 
   
 

 
2006.7.12
ハイエース用ラグジーテーブル作成
自分、カッティングシート苦手です。
仕事がなかなか荒い。ブランクと
言うよりはCシートの不得手。
やはり作業は焦るべからず。
問題点
○Cシートの明度が高いため下地が透ける
→白く塗る、二枚張り。
○ホールソーはボール盤をつかう
○ネジの処理→埋め込みたい
メモ
ボンドや粘着テープより瞬間接着材
がベター(MDF)。耐久性は不明。
次はELF用。数をこなすことが上達の
近道と見た。
   
 
   
 

   
2006.7.4
スイス出張終了。
なかなか楽しい旅行でした。
スイスは永年中立国ということで
考察してみれば、一つの国としての
完成度が高い、気がする。
国の中にドイツ、フランス、イタリアと
他民族が混在し各保守を貫いて
いるところが国交にも反映されているらしく
EUにも加盟せず独自の運営を続けている。
これで国が成り立つのならば申し分ない。
自国の生産に頼るため物価が高いが国民は
当然のようにそれを受け止めうまく回っていて
物価のせいか国民のモラル水準が高いのも
特徴であった。信号がほとんど無くても
車は止まるし東京であれば二車線道路を
横断することは不可能である。
しかし国の完成度はたかいが、地球規模で
考えると私の印象では少し保守的ではないか
と懸念する。
永年中立国であったが2002年国連に加盟。
今後の国連での軍事会議などへの介入が
余儀なくされるため今後の情勢はどうなるか
分からない。
私の希望では、現在の国家完成度を保ちつつ
うまく国際協調していき、平和モデル国家と
して機能することを願いたい。
我関せずの姿勢が平和を保ってきた側面も
あり、今後の様々な国との国交でスイスという
国の本当の完成度が問われてくるのではないか
と感じた。
   
 
   
 

 
2006.6.29
アルプスを視察。
でかい。
全てが合成写真に見える。
最近考えているが、
どうしようもないまでの
大きさはを持つものは
言いしれぬ説得力を持ち
相反して幻想性をも併せ持つ。
作品が小さくなる傾向がある今
このアルプスでの経験は忘れては
ならない。しかし今は小さいもの
が作りたい。
   
 
   
 

2006.6.28
スイス出張中。
国連ヨーロッパ本部を視察。
ジュネーブを訪れる機会があれば
必ず立ち寄るべきである。
世界平和への拠点として機能すべき
機関であるが、いろいろなジレンマ
によりうまく回らない現実。
何とか解消したい。
私の生涯計画の最終地点であるとともに
「平和」の糸口を見つけるには
最重要ポイントである。
平和造形について深く考える必要がある。
平和とは何か、日本からのスタンスとは
何かを再考したい。
それとアメリカさん、
今すぐ国連にお金払いなさい。
通訳をしてくれたMNJさん、サンクス。
この御恩は必ず返します。
この経験は確実なものにしなければならない。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.6.21
ELF用ラグジーホルダ試作2完成。
写真取り忘れた。
なかなか良い出来である。
アンチMDFであったが、このような加工には
かなり向いていた。突出すべき点はバリが出ない。
加工に関して変形が少ない。カッティングボード
への相性の良さがあげられる。
ホールソーとの相性も抜群である。
「ラグジー」の定義
○ネジが見えない
○フィット感、マッチング。
○質感、マットでいて高光沢。
○反射光、夜光映え。
○加工の細密性。
等があげられる。これはなかなか面白い。
制作時間三時間程度なのも良い。
ギターアンプを購入。
ローランドマイクロキューブ。
サイズのわりに音の抜けが抜群である。
アンプシュミレータ付きというのもポイント高。
というわけで明日から出張、スイス。
中立国、楽しみである。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.6.14
というわけで製作開始。
まずは原型制作。
木でいっか。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.6.10
出張が多く作業が滞り気味。
出先で作れるものを考案。
キャラもの作ってみたい。
ダンシングピカウサギ。
初キャストとなりそうなので
なかなかテンション上がり気味。
まずは原型制作。木かな...
今年はナスが来ている(私の中で)
 
 
 
 
 
 
 

2006.5.25
どういうわけかipodが三台。
買いすぎた、というかシクッタ。
一台は壊れているので良いとして
手違いで増えてしまったものを
どうしたものか。
売却を考えたのだが、このipod
linux OS化によりモノクロモデルでも
動画が見れるという情報がある。
となると、20G分の脳を持った
テレビジョンを開発できるではないか。
20G分の知識(データー)をランダムで
垂れ流し続ければほとんど自然
不規則性を持った人工生物となる
かもしれない。
AIの性質は推論を作り出せる
プログラムを含むと言われるが
生物の全ての行動と発想は
46憶年の経験から来るとすると
AIの定義がよく分からなくなってくる
AIpod,いっちょ作ってみるか。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.5.23
新ipod購入。第三世代。
かなり小さい。技術革新が起こっている
ようであるが値段は未だ高い。
来客に向けKIMURA工場清掃&作品組み立て。
いよいよASIMOとの対面&共演なるか?!
かなり楽しみである。
まだほとんど白紙ではあるが、テンションが
上がってしまってしょうがない。
(画像はイメージです)
   
 
   
 

 
2006.5.20
推測するに昨今の禁煙ブーム。
1.喫煙は第三者への悪影響が強い。
百害あって一理無しの汚物であるとの
すり込み。
2.世論は嫌煙の風潮へ。たばこは
悪いものとの認識が高まる。
3.タバコ増税。非喫煙者は文句を言わな
い。やめればいいじゃん
喫煙者は文句を言いながら買う。
というかやめられない。
4.政府は世論を味方につけつつ儲かる。
大多数は文句なし。喫煙者は
しょうがなく買う。いくら増税
されても買う
タバコは何となく政府公認の麻薬の
ような気がしてきた。
こういう事ね。仮説だが。
 
 
 
 
 
 
 

   
2006.5.15
kimpod壊れる。
修理も高いのでニャフオクで新規購入。
安かった。
   
 
   
 

 
2006.5.12
新職場がプロトラックカンパニー
であるため、ラグジュアリードリンクホルダ
の制作依頼を受ける。
イスズELF用のワンオフ(イエロー)
私の分析によると
トラックパーツはデザイン的に大味の
傾向があるが細部の処理により製品としての
緊張感を出している。
KIMURA造形もその傾向があるので修行として
制作をしてみる事にする。
まずは材料の選定。
   
 
   
 

 
2006.5.8
出張終了!日本横断!
この日誌もかれこれ二年続く。
三年目に突入するわけだが、今のところ
作業はまったく進まず。
本格始動は来月になりそうである。
まずは、スケッチである、、、
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.4.30
お食事前の方は読まないでください、とか言ってみる

 キムラは明日から始まるプロジェクトに備え準備を
開始していた。一通り出兵に向けの支度は終わり残すは
洗い物だけである。
皿を洗おうとスポンジを手に取りわしわしと洗い始め
た。何やら小さな粒がキムラの周りをぶんぶんと
徘徊しているがさほど気にもとめず淡々と作業を続け
順調に作業が進むなか頭の片隅を離れない
言いしれぬ違和感が拭いきれず作業の手を止め蛇口から
わき出る水を眺めているとキムラははっと思いついたか
のようにあたりを見回し始めた。
ハエだ、何かが腐っている。
一心不乱に巣窟を探す。
よく見るとあたりには尋常ではないハエが飛び回っている。
ただごとではない数のハエにみるみるキムラは青ざめ
諸悪の根元を探す。
このオレンジか、違う。この椎茸でもない。
キッチンは一触即発の緊張感が漂い飛び回るハエも
まるでテロリストの偵察部隊といった風体でキムラの
捜査を拒むかのごとく飛び回っている。
米びつの裏に手を伸ばした瞬間、ぶわっともやがあがる。
まるで地雷を踏んだかのごとく粉塵が立ちこめる。
これだ!
もやでも粉塵でもなく「ハエ」である。
キムラは悲鳴を上げる。
音もなく舞い上がる数百匹の大群を目の当たりにし
キムラの体は硬直し思考を止められる。
どうすればいい、このテロリスト達をひとりで相手を
するには分が悪い。自爆攻撃をもろともしない連中だ。
キムラは一瞬の間にコンピュータのように思考を巡らす。
とっさに手を伸ばし、もやの中のかたまりをつかんだ。
キャベツとも白菜ともとれる容姿であるが、つかんだ
感じはそれとは違っていて泥団子のようである。
空いている左手でビニール袋をとり、その泥団子を
持ち上げる。数千と見られるテロリストが飛び立ち
泥団子の下半分は液化していてべしゃあっと茶色い汁が
滝のように落ちる。キムラは失神しないよう歯を食いしば
り、ビニール袋に近づける。泥団子は半壊していて
茶色い汁をほとばしりながらテロリストを出撃させている。
ビニール袋に泥団子を滑り込ませ封を閉じる。
よし!
キムラは吠える。
下に落ちたつんとする茶色い汁は運良くしき積まれた
ビニール袋のうえにたまっていてそのまま持ち上げ
掃討することが出来た。
作戦1が終了した瞬間である。
しかしながら数千にのぼるテロリスト達との戦いがすぐ
さま始まることとなる。
またもキムラの思考は次の戦術を巡らす。
戦術核(フマキラー)をつかうか、いや、ここは我が
領土(キッチン)だ。放射能汚染(フマキラー残留物)
のおそれがある。
ものすごいスピードで脳内が走る。
その間にもテロリスト達は新たな根城を模索し始めている。
キムラは走った。
戦術的重火器(掃除機)だ!
この兵器は我が軍の外国人部隊(猫)すらもおそれて近寄れ
ないほどの危険アイテムである。小中大の火力の上に
HIGH POWERスイッチが備え付けられていて、その破壊力
たるや未知数である。
キムラはコンセントを入れ迷わずハルマゲドンpowerに
レバーを入れる。轟音とともに重火器は稼動し、
傭兵(猫)はセーフティポイントに走る。
「自国の自由作戦」の開始である。
宙に舞うテロリスト達との空中戦が始まる。
しかしながらテロリストにとってこの重火器の使用は
想定外であった。ものすごい勢いでもやを吸い取り
もはや制空権はキムラにあった。
そしてキムラは上陸を始め地上を揺らし飛び出てくる
テロリスト達をピンポイントで叩く電撃作戦を開始。
ものの一時間でテロリストを掃討することに成功。
作戦2終了、平和は守られた。
しかしながらこれから治安維持という課題が残されている。
いかに早い段階でわき出る不安要素をたたくか。
戦いは始まったばかりである。

いま、半島をでよを読んでいるので村上龍さん風。
アーティスティックな作業は進まず。
しかしながら、最近のものすごい語欲を考察すると
何かが起こる前兆のような気がしてならない。
私は自分の行動(制作物)を考察し研究するタイプの
人間であるが、最近の脳内活性はなんだかおかしい。
今までにこんな事は無かった、気がする。
というわけで明日から新生活&出張。
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.4.28
思うところアリ憲法読解中。そんななかで発見
小川和久著
「日本の戦争力」より抜粋。日本国憲法前文および
日本国憲法第九条の読解。
「前文 われらは、平和を維持し専制と隷従、圧迫と偏狭を
地上から永遠に除去しようと努めている国際社会に
おいて、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」
「日本国民は国家の名誉にかけ、全力をあげて
この崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
→日本は戦争のない平和な世界を作り出すために
全力をあげて行動する。(日本国民のスタンス) 
「第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする
国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を
解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。」 →侵略は認めない。防衛は認める。らしい。 (日本の反省と展望) サマワ自衛隊は国際協調のためであり 憲法違反ではないととれる。 前文を総論であると考えると、ダイナミックかつ情緒的な 決起スローガンである。前文と第9条は混同してはならず。 日本国憲法前文の文章的力強さに圧倒された。
 
 
 
 
 
 
 

2006.4.23
どうも思うところあり、
テレビジョン映像進まず。
なにか打つ手はありそうだが
煮え切らず。
手を動かそうにも動かせず。
むむむ。
   
 
   
 
   

 
2006.4.20
映像制作中。
であるが、最終目標は実現不可能ではないか
という情報がある。これはマイッタ。
DVDのランダム再生を機種ではなくソフトに
依存させる方法は無いものか...
ファイナルカットスタジオを
用いると3つまでは可能という情報もある
ヒューマノイド計画同様、
KIMURA式ヒューマノイド計画も停滞してしまった。
しかし世の中には不可能を可能にする人物がいる。
どの時代もそういう人物が歴史を変えてきたわけで
あるから可能性はゼロとは言えない。
思いがけない、斬新でいて、考えもつかない
手法が必ずある!と信じて今日はもう寝ます。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.4.16
リメイクだいたい終了。
F.C.PROまだまだ知らないことがたくさんあった。
憶えれば憶えるだけ作業が早くなる。
当たり前か。
今晩書き出し祭りを行う予定であるので、家宝は
寝て待てとでも言おうか今夜はもう寝ます。
明日からいよいよ新作、またもディジタル...。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.4.13
映像リメイク中。
これらを作ったのは卒制の時であるから
二年半前。当時何も知らず始めたから
ダイブ面白いテクを使っている。
現在ではどう作ったかを忘れたりしていて
なかなか苦戦しているがだいたい見えて来た。
あと少し。
そういえばこれを作っていたときも
今のような生活であった。映像は
お金がかからなくて良いがPCの力不足を感じている。
しかしながら映像編集に関してはイタチごっこ
であることも否めないし、当時はG3で作っていた
事を考えると格段に進歩している。
そういえばマイマック、G4化しました。
CPUダケ。550Hz。
オーサリングとレンダリングは別物の早さであった。
改造金額でmacbookproは余裕で買える。
話はそれたがこれが終わり次第
テレビジョンデーターづくりとKIMURAメッセドローイング
を描く予定。あと出来たらメンテ。
 
 
 
 
 
 
 

2006.4.12
映像リメイク中であるがなかなか
面白い。しかしながらあまりすすんで
はいない。
グラフィックがいまいちきれいに表示
されない問題を一日かけて試行錯誤
するがあまり変わらず。ディティール
より全体感に移行する。
映像に際して
とりあえずフリーソフト巡りを繰り返
しているがOSX化の波に呑まれつつあり
ダイブ難儀。
しかしながら、自宅でその場で必要ソフト
の入手やデータ収集が出来るとは昔では
考えられなかったことだ。
パホーマ5420を手に入れた当時は
インターネットも普及しておらず
付属ソフトをいじって楽しむ毎日。
あのころは何をするにも出費が必要だった。
それが今や自宅ですべて事足りているでは
ないか。今や本当の意味でPCに出来ない
ことは無いのでは無かろうか。
初めて知ったがResEditというソフトがある
こんなに面白い物とは思わなかった。
はっきり言って何でも出来ちゃう
ヘヴン的ソフトである。
何となく自分の中のパソコンの概念と
一致する為気に入った。
アップルスクリプトより今はこっちだな。
(写真:KIMURAファーストmacパホーマ5420)
 
 
 
 
 
 
 

2006.4.10
マイipodメンテ敢行!
MENUボタンの接点を復活。
しかし応急処置であるため再度
パッチ処理をKIMURAアトリエで行う予定。
案外簡単にばらせた。
ipodキャンディ(カラー)を作りたい。
クリックホイールはなかなか良くできていた。
コンデンサを変更すると音質向上に
つながるという情報がある。
手持ちで適当な物が無かったので断念。
しかしながら、変えたところでねえといった
感じでは無かろうか。
マイパワーブックメンテも敢行!!
HDDフォーマット後OS9,×インストール。
やはり×は時間がかかる。
購入したがあくまでサブキャラなので
動きが遅くてもあまり気にしない。
OS9が現在もメインであるため
到らない部分はアップルスクリプトでカバー
するべく勉強開始予定である。
PCセットアップもだいたい終わってきたので
明日から「テレビジョンDVD配布板」の
制作に入る。
テレビが喋った!!をテーマに
本格ビデオアートになる予定。
 
 
 
 
 
 
 

   
2006.4.6
先日、今まで働いていた職場を円満退社。
社会的には無職という身になるがまずはこ
の置かれた状況を細かく分析し的確に次の
ステップを目指そうと考えている。
焦りは何も生むことがないし急がば回れ
ということは身をもって体験している事実である。
まずは無職必須項目といえる平日マイカー洗車を
敢行!KIMURAカーの一年分の汚れを落とす。
買ってから初の洗車。かなり強靱な汚膜が
形成されていた。
洗車2時間、ワックス1時間。
見違えるほどの光沢を実現。
ソフト99のハンネリは力強く汚れを落としてくれた。
私だけなのか分からないが洗車をすると車が
心なしか早くなった気がしてくる。
不思議な物で窓がきれいなほど美しくコーナーを
パスできる気がする。
ということで多摩湖外周をぶらりクルーズ。
西部ドームを横目に外周道路を軽快に突き抜ける。
満開の桜に照らし出された路面はにわかにピンク色に
染まっていて艶めいた車体は嬉しそうに傾きながら
押し寄せるGをうけ、水気を吹き飛ばしたタイヤは
まるでハミングするかのように歌い出す。
次々と用意されるコーナーを私は丁寧にトレースし
カーステレオから流れるBLACK BIRDを
口ずさみながら闇の隙間をかわしていった。
流れるようなシフトチェンジを繰り返し
山口貯水池の橋まで来ると
昔見た景色とは少し違っていて、二年間という歳月は
無情にも人為的な自然を作るには十分な時間であり
また私の人生は滞りなく進んでいるということに
言いしれぬ悲哀を押さえつつ帰路に就く。

なんちゃって、五木寛之風。
写真取り忘れた。明日もう一度waxかけようかな。
   
 
   
 

 

 


 
2006.04.02
ペットショー終了
かなりほえられた、犬に。
私は犬を飼ったことがないので犬の間合い
というかここまで大丈夫という空気が
分からないのでちょっと恐かった。
しかしながら犬もなかなか良いです。
モタの構造を大幅変更予定。
何とか完走することに成功したが
3日で壊れるようでは、いかん。
工具は必ず全て持っていくこととする。
ot-1、足が少し曲がる。
奇跡のバランスが崩れた、マイッタ。
これからKIMURA メッセの構想を練る予定

スペシャルサンクス
KIMURAスタッフ
SKGW,IUC
   
 
   
 

 
2006.3.31
というわけでペットショー参戦中。
相変わらずネジが緩む。
ベベルギア二点止めにしたい
そして溶接だ、溶接!
展示に関して常時動いてる作品が欲しい。
初千葉であるが、かなり暗い。
モタは大型犬に高い確率でほえられる。
何となくリゾート気分の展示である。
四月二日まで。
みんな犬連れて来てね。
   
 
   
 

   
2006.3.29
ペットショー設営完了!
寝不足朦朧。
明日から四日間ぶりぶり稼働します!
みんな来てね、とかいったりして。
武者修行状態に入ります。
写真取り忘れた...
   
 
   
 

2006.3.24
メタルドック二体完成間近!
長かった。案外パーツがたくさんあった。
この作品は当分作りたくないな。
今後はパーツの数を少なく設計したい。
ココイチのアサリカレーは以外とンマイ。
話は変わるが赤貝ヒモは明日死ぬなら食べたいもの
の一つである。クラムチャウダーも然り。
明日
メタルドック完成。
ot足制作。
モタメンテ
で準備万端であるが、〆切の法則だとあと二日は必要に
なるはずである。
明日夜から大阪出張。むむむ。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.3.21
またもや〆切に追われています。
木村祐一展の音声デバイスを制作してました。
楽勝ムードだったが数の恐怖を初めて体感する。
音声波形編集中、明日完成予定。
皆様是非行ってみてください
http://www.parco-art.com/web/museum/kimnii/

東京ペットショー参加予定!
http://www.tokyo-petshow.com/top.html
\KIMURAロボッツがどうやらペットと認められたよう
である。少し制作物とメンテナンスが発生。
みんな来てね、とか言ってみる

○KIMURA看板用台
○PEACE WALKER足
○モタギア部改善

先日までの激務で生活逆転中。
これは良くない。
 
 
 
 
 
 
 

   
2006.3.6
いやはや、納品遅れに遅れています。
メタルドック二体。
これほど部品があったのか。不覚。
もう少しお待ちください。
スペーサーを制作する際、糸鋸で切ると
バリ取りがほとんどいらない。これは
革命である。バンドソーより効率が良い。
最近家を建てたい。オリジナルKIMURAハウス
である。場所は青梅や奥多摩などがよい。
しかしながら免許はない
土地をもてあましている方がいたら是非
ご連絡ください。
kimura@masakimura.com
観光スポット作りますよ。
いるわけないか...
   
 
   
 

   
2006.2.26
メタルドック制作中。
二体。
バンドソーが無いため糸鋸でのアングルづくりであるが
この作業は地獄である。アングル約40個をぎこぎこ切る
為手首が激しく痛む。まだまだ切る
しかしその地獄とは裏腹にこの作業、考える時間として
は濃密な時間を提供してくれるようでこんな物が思いつ
いた。はっきり言ってなんなのかは分からず。
もしかしたら背面図かもしれない
ot-1でもなければフッタウェイでもない。
新しい木村二足自走機シリーズである。
構造も同時に思いついたが、革新的である。
上手くいくとフッタウェイシリーズに革命が起こる。
なぜなら頭部にのることが可能になるかもしれない。
早急に試作を作ってみたい。ステンで。
   
 
   
 

 
2006.2.22
納品用ot1レプリカ。
相変わらず売るのが惜しいほどの出来映え。
最近こいつを作るスキルが上がってきた気がする。
まだまだ改良点が見つかるものだ。
製品化に向けまだまだ無駄を省ける。
そして安定した動作、容易な組み立てが今後の
課題である。リモコンはほとんど熟してきた。
しかしながら未だなぜ歩くのかは分からず。
こいつは明日福岡へ旅立つ。
がんばってくれ。福岡での営業は任せた。
アディオス。
   
 
   
 

2006.2.18
ひとりモーターショー無事終了
なかなか楽しい展示でした。
残るは伝票整理。
今回のデーターは次回のKIMURAメッセ
に受け継がれる。
作品がいくつか売れたので受注分は
これから制作します。
明日納品用のOT-1。至高の出来である。
売るのが惜しい。非常に惜しい。。。
何だか体調がおかしい。
きました。キムゲン(KIMURAの限界)
ログ
モタ:スプロケット緩み
   足受け緩み→溶接
   ベベル緩み→二点止めサイズアップ
テレビジョン
   クランクネジ緩み、交換
   映像制作
OT-1
   構造解析
   説明書制作
   納品用OTmovie
OT-?(←何体目か分からない)
かわいがってもらってくれ。アディオス
(写真:代々木体育館の夜)
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.2.12
設営完了!
明日から三日間本番である。
ぶりぶり稼動します。
今回床がリノリウムであるが、KIMURA造形
にとってかなり最適である。
今度からこれにしよう。

スペシャルサンクス!
KIMURAスタッフ
IUC,KDO,TKS,TNK,MTKN,KSK,
スペシャルアドバイザー
SBYさん,SGYMさん,sgNMさん,
ありがとうございました。
これからもがむばります。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.2.6
看板到着!
プロの仕事はすごい。
デジタル作業に以降しつつ
残り作業
テレビジョンリモコン
映像
キャプション
OT-1
フッタウェイ磨き
散髪
なんだかフォトショップが
使えなくなった。
困った。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.2.2
テレビジョンだいたい完成
習作模型台だいたい完成。
モタ配線レイアウトだいたい完成
明日全てを終わらせる予定。
やはり〆切の法則。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.1.30
看板塗装しくりまくり。
明日塗装を全てはくりウレタンに変更する。
やはり塗装に焦りケチりは禁物である。
テレビジョンもウレタン化したい。
フッタウェイ再塗装。
なかなか汚い事になっていた。
ガソリンが腐っているので
明日キャブOH予定。
 
 
 
 
 
 
 

 
2006.1.29
エッヂ走行テスト
銀座GP,恵比寿ガーデンGP決行。
なかなか良いデータがとれた。
足機構部がやはりもろい。溶接にしよう。
グリップ力をあげたい。
まっすぐ進ませたい。以上
銀座でみかんをくださったご婦人
有り難うございました。
そして皆さん、お騒がせしました
明日テレビジョン塗装までいきたい。
新たな展示案が閃く、
また制作強化週間にはいります。
 
 
 
 
 
 
 

   
2006.1.24
テレビジョン制作中
レイアウトを稼ぐためテレビカバー
加工(破壊)。そしてモーターを宙
づりにしてみる。
果たしてちゃんと動くのか。
足が若干細い気がするがボデーと同色
にしてみないと何ともいえない。
明日までにサフェーサーまでいきたい。
ジグソーによる鉄板切り出し
今まで速度1.5で行っていたが3の方が
振動が少なくなる。遅ければ良いという
事ではないようだ。しかしながら
ブレードの寿命は縮まりそうである。
そして相当うるさい。
   
 
   
 

 
2006.1.22
看板だいたい完成
アクリルは業者さんに委託する。
塗装は後日。台は安定する物を作成したい。
明日からテレビジョンの制作に入るが
妙案を思いついたのでテンションがあがっている
上手くいけばKIMURA史上まれに見る
メディアアート(ビデオアート)作品に
なるだろう。
   
 
   
 

   
2006.1.21
鉄板切り出ししくった。
やはり焦りは良くない
作業が一日ずれこんでしまう。
明日看板完成予定。
動作確認完了。
雪の日の運転は楽しい。
   
 
   
 

 
2006.1.19
光る回るKIMURA看板制作中
だいたいフレーム材料は切り終えた
ので明日から機構部に取りかかる。
カブからいろいろ部品調達予定
明日鉄板が到着予定なので
翌日地獄切り出し作業、そして
男のブラック仕上げで完成予定である。
来週3日ほど出張予定なのでそれまでに
看板、テレビジョン2を完成させたい。
最近ようやく
作業ペースをつかんできた!
   
 
   
 

 
2006.1.15
モタ&エッヂだいたい完成。
ハンダを溶接っぽく見せる技術を発見
KIMURAグラインダー仕上げをきれいに
見せる技術を発見。
今後に生かそう
明日から製作強化週間にはいります。
   
 
   
 

 
2005.1.14
エンヂン犬だいたい完成。
モーター犬明日完成予定。
ミニKIMURA看板製作開始。
   
 
   
 

 
2006.1.11
ボデー制作
明日ガソリンタンク、足部エンドキャップ
を制作して完成予定である。
ガソリン携行缶を切り出す
長かった。その後、モタボデー制作予定
ライト付きにしたい。
まだまだ作るものがある。
さすがに焦ってきた、焦りは禁物であるが...
仕上げで焦るのは一番良くない。
全体感を明日からイメージしていく予定。
   
 
   
 

   
2006.1.10
フレーム修正
だいぶスリムになった。
明日ボデーを制作予定。
完成間近!
   
 
   
 

 
2006.1.9
ボデー設計に致命的欠陥が発覚したため
恵比寿ガーデンプレイスGP延期
ボデーでかすぎた。なぜ作るまで
気づかなかったのか。紙ではうまく
いっていたのだが...
本日所沢航空公園にてエッヂ実地テスト実施。
他の犬が不思議そうな目で見ていた。
問題点が浮き彫りとなる。
○足部ネジ緩み
○後足部カット
○重量バランス
○アクスルスプリング
○タンクキャップ
○タンク配置
○足部グリップ強化
○チェーンテンション(エンヂンスペーサ)
(写真:ボデー部ビホーアフター)

最近携帯をよく忘れる。二日も持っていない。
昔はないとあたふたしたものだ...
   
 
   
 

   
2006.1.7
エッヂ動作確認
現在排気が直管のためかなりうるさい。
確実にガーデンプレイスで捕まる。
排圧が低いためバックファイヤーが激しく
低回転がすかである。
明日マフラー装着予定。
動きはなかなか良い。
タンクキャップはちょうど良い寸法が無いため
エポキシで製作予定
明日ボデー切り出し、各部磨き完成予定である。
KIMURAアトリエ向かいのコンクリ屋さんが
不思議な顔をしていた。お騒がせしました。
   
 
   
 

   
2006.1.5
足部ロングナット計画失敗。
ねじれがひどくゆるみも増す。
しょうがないのでブッシュを制作。
はじめからこうすれば良かった。
モタ、完璧な動作を実現。
しかしモータの振動でねじが著しく緩む。
今度ばらしたときにねじロック予定。
エッヂのエンヂン始動を試みるも失敗。
一年以上動かしていないため明日
キャブOHを実施予定。うまくかかることを
祈る。
 
   
 
   
 

 
2006.1.3
ベンチバイスを購入
安かった。最初からKIMURAブルー
なのもポイント高。
モタ&エッヂ機構部完成。
モタ動作確認(QT,1MB)
明日はハンズ買い出し後エッヂ
エンヂンテスト予定。一年放置
エンヂンなのでかかるのか。
足部メンテナンス性向上のため
ロングナットを作る予定。
ボデーを早く作りたい
九日に都内耐久テストを実施予定。
恵比寿ガーデンプレイスを駆る!
   
 
   
 

   
2006.1.1
あけまして。
大晦日はいつの間にか寝てしまいました。
今更ながら2005総まとめ
○作った物
メタルドック
ロデオフット
ピースウォーカーシリーズ(4体)
KIMURAデスク
ミニKIMURAデスク
○仕事
ギター型コントローラ
海外出張用箱×5
出張ロードムービー:フランス、台湾
製図いろいろ
光る展示棚×4
          などなど
新作が少ない。やはりペースが落ちている。
しかし去年は考える一年であった。
平和造形のアウトライン、KIMURAの展望がかなり明瞭な形となった
迷いはほぼ無くなり、前進の準備は整った
 

(写真:ヤハス海岸)
 
2005総評
 私としてみては初めてづくしの一年。
まず海外渡航。
1月フランス、アメリカ
7月フランス
9月台湾
何も分からず行ったが最初はトイレの行き方すら
分からなかった。一月のフランス渡航、同じ部屋
で寝泊まりしいろいろ案内してくれたU理君に
この場を借りてお礼を言わせていただく。
サンクス、君がいなかったら私は膀胱炎になって
いた。
話を戻してフランス、おそらくポンピドーのステ
ージに立つのはこれが最初で最後であろう。
ピッツバーグ、雪がすごかった。ジェイこぶスは
元気だろうか。
フランス、あんなに毎晩朝まで飲み歩いたことはない
サム、元気だろうか。バンソン暴動に参加したのか
台湾、食べ物がうまいし安い。
アメリカ、
オレゴンコーストYAHASU海岸。生きているうちにまた
行きたい。時間の流れが遅くそして揺るぎない。
昔夢見た「アメリカ」はこういうところだった気がする
ずっとここに来る気がしていた。夕日が沈むのをゆっく
りと眺め一日が終わる。何となく人間の原点を垣間見た
そしてアメリカの表裏も少し見えた。
 
 
○ハンズ大賞審査員賞受賞
       次回こそ大賞を狙いたい。
       愛地球博リサイクラート出展
       見に行きたかった
       ○KIMURA展
       いろいろ勉強になった
       ○明和電機工員展
       いろいろやった
       ○KIMURAアトリエゲット
       機材投資に出費がかさんでいる
       先物投資なので致し方ない。上に住んでいる方々、
       お騒がせして申し訳ない
       
       来年の目標
        あまり目標を立てるタイプではないがしいていえば「KIMURAメッセ
       を行う」だろう。二月に予定されるKIMURAメッセは招待客しか入れない
       極秘イベントである。「招待客」というのはKIMURA理念に反するが、
       今回はプレゼンテーションがメインなので致し方ない。一般向けの
       「KIMURAメッセ」を行うにあたり今回のプレゼンで糸口を探ることが
       一番の目的である。
        そして早寝早起き。
 
(写真:ナショナルマイジョイ12V)
ナショナルマイジョイシリーズEZT111YKYレビュー
買いました、マイドリル。
今まで使ってきたDIYラインドリルの中で抜群の出来である。
軽さ、トルク、大きさ、重量バランスどれをとっても申し分ない。
PRO用ラインも形はほとんど一緒であるがこちらも興味深い。
この形を待っていたというほどにしっくり来る。特記する部分では
タップの切りやすさだろう。重量バランスが良いので直角が出やすい
、気がする。
注意点として111YKY以降チャック部分が削りだしでは無くなったため
センターが危ういとの情報がある。現在は114YKYとなっている。
LEDライトはあまり必要ない。

以上2005総まとめでした

本日ベルトサンダースタンドを製作。直角を出すのに難儀。
正月ということもあり轟音作業は気が引けている。
しかしながら残り時間も迫っているので明日からまた本格始動
5日までにモタ&エッヂの動作確認、大枠完成を目指したい。
珍しく長文、、、

   
2005.12.29
スプロケットの加工に失敗。
どうやら焼き入れされているので焼き鈍し
が必要だが成功するのだろうか。
ドリルを二本駄目にしてしまった
明日なましてみてから決めます。
明日電ドリを購入予定
KIMURAアトリエの物は先ほど判明したが
正回転しかなかった。これを機に買おう。
インパクツもいいがタップ作業に
むかなそうなので電ドリにします
ナショナルのマイジョイシリーズがなかなか
良い。DIYラインではマキタ、ボッシュを
使ったがナショナルがトータルバランス
の面で抜群に良い気がする。
日立は使用したことがないが
あの変な柄がどうも...
   
 
   
 

 
2005.12.27
今年もあとわずか。
しかしながらKIMURAに正月はない。
画期的かと思われたジグソーテーブル計画
完全に失敗。全くつかえね
ジグソリングを磨くことにする
しかしながら工具がだいたいそろったので
なかなかはかどっている
ここいらで制作に身を入れたい
まずは早起き計画を立てます
最近史郎先生が言っていた
「ナチス軍はヤスリとタガネで何でも治したんだ」
という言葉をよく思い出す
(写真:モタ君シャーシー)
   
 
   
 

 
2005.12.20
ミニKIMURAデスク制作
ジグソー用テーブルになる予定
エンヂン犬とモーター犬
モタ&エッヂにします。名前。
だいたい必要パーツが割り出された
加工をKIMURAアトリエで出来るか,,,
しかし限られた機材を有効に使うのも
作家の技量である。
まずは製図か。
   
 
   
 

 
2005.12.14
ボール盤を購入
25000円。安かったが機材投資に出費が
かさんでいる。これでアトリエの機材
はだいたいそろった。
私は未来に投資していると自分に言い
聞かせることにした。
ジグソー追加レビュー
アルミ盤t=3mm
余裕で切れる。しかもバンドソーより
静かである。感動の切れ味であった。
まずは来年に向けINU制作開始!
   
 
   
 

 
2005.12.7
マキタジグソーを購入

4342FCTレビュー
試しにシナ合板t=10ミリを切断
高価なジグソは低重心によりぶれが格段に少ない
電子制御で負荷バランスを一定に保つため長時間
の使用による使用者への負担が少ないらしい。
そしてマキタ独自のLED照射によりけがきが見やすい。

といったところである。
KIMURAアトリエに革命を起こす妙案を実施してみる。
上手くいけば作業が格段にはかどる予定。
こうご期待!とか言ってみる
   
 
   
 

2005.12.5
久しぶり。
作業デスクを制作
マチスブルーにしてみる。ジグソーを購入、
しかし発送ミス。出鼻をくじかれる。
代々木体育館を下見
広すぎてよく分からず。
今回の展示はイメージを出来る限り固めなければ
いたずらに費用がかさんでしまいそうである。
しかしながら時間がないのでそろそろ制作に
入ります。

(写真:KIMURAデスク、費用約6000円也)
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.11.27
帰国。なかなか楽しい旅行でした
KIMURA新アトリエ施工中。
機材をこれからどうするか。
とりあえず集塵機を購入。まずは机を作ります。
二月に向け作るモノ

○エンヂン犬
○モーター犬
○テレビヂョン2
○ピースマーク2
○回るKIMURA看板

などなど
まずは引っ越し作業
   
 
   
 

2005.11.19
オレゴン出張中
オレゴン大学を視察
普通にオールドカーが走っている
(写真:フォードムスタング)
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.11.12
 KIMURA新アトリエゲットできそう
四十畳らしいがまだ見てもいない。
機材をそろえなければならない。
近頃物事が激しくトントン拍子である。
この流れに呑まれることなく着実に進め
たい。
明日新バイクを購入予定。安かった。
事故後、廃車同然のカブ男であるが
フッタウェイ三号のエンヂンに流用したい。
90ccということで馬力をうまく使いこなせ
るとよいだろう。カブ男の死は無駄に
したくない。
 
 
 
 
 
 
 

2005.11.11
 何でも作っていい。作る事に専念していい
といわれた場合の作家の心情としては「夢」
を具現化すべきなのか。個展開催とも違う
「自由」である。制約は「室内」
という事のみ。サイズ自由、作品数自由、
テーマ自由ときた。さあどうする。
最近の夢であった、KIMURAメッセを開催する
時が来たようである。残り約三ヶ月の〆切
であるが、できる限りの具現化を目指す。
残り三ヶ月、作りたい物を作る。
まず手始めに倉庫を確保しました。
KIMURAカーを解放。
次はアトリエを確保すべきか
   
 
   
 
   

 
2005.11.6
peace walkerをメンテナンス。
未だなぜ歩くのか謎が多い。
企業のテストラインには脱帽する。
それとやはり大量生産は良くない。
一台一台魂を込めなければならない。
明日は工員展設営です。
みんな来てね、とか言ってみる。
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.11.5
昨晩作業中DJRYUさんの番組に
リクエストを送りまくっていたところ
かかりました。
ACDC   back in black
ACDCはヒップホップだねと語っていたが
言われてみればそうかもしれない。
まだまだDMを書かなければ。
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.11.4
工員展の宛名かきに追われている。
発送が遅すぎた、DMは二週間前が基本。
早く送らなきゃ。
おととい右直事故に遭遇。愛車カブ男が
大破。体もあちらこちらが痛い。
彼がつぶれてショックを吸収してくれた
おかげで幸い私のけがは軽い。
ホンダスーパーカブ。最後まで完成された
バイクだった。私のへたくそのせいで
潰してしまい申し訳ないことをした。
今までの礼をこの場を借りて言いたい。
本当にすまないことをした。
ありがとうカブ男。
来年二月に大規模な展示が
決まりそうである。
私からすればあまりに大きなイベントなので
少々気後れ気味だがここでやらなければ
男ではない。今年もKIMURAに正月は
なさそうである。
 
 
 
 
 
 
 

   
2005.10.27
最近全く作業してない
焦りはあるが不思議と不安はない
今は頭を動かす時期とする。
ここら辺で資料の整理をしてみたい。
今までHPに頼ってきたのでおろそか
になっていたが作品写真は財産である
すぐどこにでも出せる状態を作らなけ
れば効率が悪い。
来月の「装苑」にKIMURAが載るらしい。
ぴんとこないが発売を待つ事にする
   
 
   
 

   
2005.10.20
最近手は動かず脳ばかりよく動く
今まで生きてきた中で一番動いている
「平和造形」のアウトラインがもうす
ぐ完成するかもしれない。
本日帰宅中狸を見た。
まるまる太っている天然物だ。
ここ数週間、見に起きることと考えてる
事のレスポンスが良すぎる。
これは偶発ではなく必然なのかもしれない
と考えると周りのすべての流れが一点に
集中し何かが起きる前兆ではないかと思わざる
を得ない。しかしあまり期待するとうまくいく
物も行かなくなるので傍らに置いておくこと
にする。
明日からはまた手を動かしたい。
     
     

   
2005.10.15
中沢新一氏の講義を見に行く。
現在のアート界の行き詰まりを人類学という観点から
打開、再構築する可能性を示唆していた。自由という
状況は一見勝手気ままにも捉えられるが、それこそが
束縛にもなり得る。不自由な状況こそ本当の意味の自
由を作り出す事ができる。らしい。深い
帰宅後テレビを数ヶ月ぶりに見ると、今日の講義と酷
似する内容のドラマを見た。
シンクロニシティなのか...
ユーミソの声は鋭く太かった。あのビブラートはすごい
     
     

 
2005.10.9
クランクシャフト制作中
前回の教訓を元に慎重かつ正確に制作中。
ベベルギアが未だ到着していないので作業
はここまで。これからメーンシャフト、動
力伝達部の制作に入る。ここから作業進行
が見えない時期にきた
モチベーションの維持が重要と思われる。
キセノン回路電源の改良も同時進行。
もってこいのパーツを発見。
秋月に行きたい。
(写真:メタルドック1/1クランクシャフト)
     
     

 
2005.10.1
すっかり忘れていたが、エンヂン犬制作再開。
久しぶりに組み立てて見るも時間がたってしまって
作業内容を半分忘れてしまっていると同時に不明な
パーツが多数発見された。個展のごたごたにより
おもしろパーツが量産されてしまったと考えられる。
制作に焦りは一番禁物であると立証された。それと
個展に向け新作を作ってはいけないことも判明。
次回に生かそう。
(写真:メタルドック1/1シャシー)

     
     

   
2005.9.28

11月に企画展示開催

明和電機工員展
1月8日〜11月20(初日はオープニングパーティ)
牙狼画廊  
〒231-0023  神奈川県横浜市中区山下町122
TEL : 045(680)1147 FAX : 045(681)8895
e-mail : tetsubokun@hotmail.com 
 http://www.green-thumb.co.jp/garougarou/garougarou.html

映像を作ろうかと考えている
     
     

 
2005.9.26
台湾出張終了
一週間の渡航だが
思いのほか台湾は面白い
飛行機片道三時間というだけで
ここまで違うのかと驚かされる。
日本の食文化はすごいと言われているが
どうやら既に破綻しているようである。
確かに衛生面や食材の豊富さは秀逸であるが
作った人が見えないというのは
明らかに不健全である。食文化を見直し本当に
おいしい物とは何か、食べる事とは何か
ということを問わなければならないだろう。
これからKIMURAはホームページのメンテに入ります
(写真:台湾製三輪スクーター)
     
     

 
 
2005.9.14
作業は全く進まず
メンテも良いが新作も作りたい
うーむ
岡本太郎展の書類になかなか手間取る
検討を祈る
     
     

 
 
2005.9.10
KIMURA展終了
ご来場頂いた皆様有り難うございました
これからKIMURAはメンテナンス強化週間に
入ります。一週間の稼動実験で改善点は自ずと
浮き彫りになった。
その後エンヂン犬制作を再開する
ローリーアンダーソン展みてきました
思っていたより美人だった
     
     

 
2005.9.9
明日で終わり
OT-3用のモータ入手
このタイプRE-260実はカーボンブラシモデルがあったらしい
(写真左)
流星ギア用らしいのだが寿命が二倍!値段も二倍!
次回作に使えるかもしれない。
早いとこ新作が作りたい
 
     
     

 
 
2005.9.8
あと二日。
メタルドックがさびてきたので明日磨く予定
それとOT-3のモータが焼き切れる。
先日OT-1のモータも焼き切れたが寿命五年という
事になるのか?
まずはメンテ。完成はまだまだのようである。
まだまだ改善点は見つかるものだ。
職人を目指そう
     
     

   
2005.9.5
毎日飲み過ぎている
     
     

 
2005.9.2
KIMURA展開催中
写真をとり忘れてしまったので
明日とってきます
まだまだやることがある。
     
     

 
2005.8.27
できてきた
明日微調整後完成予定である。
毛皮の制作をどうするか
     
     

2005.8.26
もう少しで完成
スパート。
明日が〆切である
睡眠がまたも削りに削られている。
脇腹がいたい
 
 
     
     

 
2005.8.25
後少しで制作が完了する予定
明日最後の秋葉原
台風の影響を受けないか心配だ
相変わらず写真を撮り忘れている
 
     
     

 
2005.8.22
今のところ広報活動に専念
ギアボックスを四台くみ上げてみた
ラジコンの回路を入手しなければならない
 
     
     

2005.8.20
21夜制作
22無理
23無理
24無理
25制作
26制作
27???
28ー31無理(デジタルは可)
むむむ...
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2005.8.18
DM発送中
こんなに文字を書いているのは
小説「スモーキングリーン」以来である
目が疲れたのと、ペンだこがひどい。
作業が激しく停滞しているので何とか
軌道に乗せたい。
だるいのは風邪なのだろうか
夏風邪と蚊ほど絶滅してもらいたいものは
ない。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
2005.8.16 
個展に向けスケジュール調整中
 純粋に制作できる 
時間がどう見積もっても後三日。
 新作はあきらめるほかない。
 展示の質を上げることに専念する
     
     

   
2005.8.11
手首をひどく痛める
右手がほとんど機能していないので
作業に支障をきたしている。
思いのほか進んでいないので
明日から制作強化週間にします
最近写真を取り忘れている
 
     
     

   
2005.8.10
エンヂン犬フレーム制作中
焦るのは良くないが、分身はしたい
足は完成
     
     

 
2005.8.1
エンヂン犬設計開始
エンヂンのシリンダヘッドがボデーから
頭を出してしまうが構造上致し方ない
見方によればアメリカングラフィティの
B型フォードっぽい。
http://www.roadtripmemories.com/trips/litchfield2004.htm 
この部分に緊張感を持たせることを
目標にしたい。
フレーム形状に苦戦している
     
     

 
2005.7.24
明日帰国予定
パリは相変わらず
ゆるくて気さくで申し分ない。
帰国後早急にエンヂン犬を
制作しなければならない
 
     
     

2005.7.20
パリ出張中
デジタル作業しかできないが
それでもやるべきことが多いので
作業には困らない。
帰国後ロデオフット発送、DM入稿
エンヂン犬設計
そろそろエンヂン犬の名前を決めな
ければならない。どうしたものか。
メタルドッグ、メタドック、メドック
(写真:パリの移動遊園地)
 
     
     

   
2005.7.15
ロデオフット完成
思っていたより動きがかわいい
17日から十日ほどパリ出張に行ってくるので
帰国後いよいよエンヂン犬に取りかかる
今回得たデータはなかなか良い
明日ロデオフット写真撮影予定。
     
     

   
2005.7.13
今日の教訓
シャフトはゆっくり正確に作るべし

ベアリングやギアを抜くのに時間を
費やすより正確に切り切削する方が
はるかに高効率である。
今後気をつける
機構部の精度アップ
たぶん足部のがたつきはなくなる予定
明日チェイン部を改良する
画期的構造を思いついたが、うまくい
くことを祈る。
締め切りまで後二日。
     
     

 
2005.7.12
ロデオフット仮組み
機構に難あり

問題点
●チェインがのびる
●マイタギアがスラストに耐えられない
●足がふらふら
●重量
●どちらがまえかわからない

すべて製図の詰め不足によるものである
明日何とかする予定。困った
写真写りはなかなか良い
     
     

 
2005.7.10
ロデオフット機構部だいたい完成
製図の甘さが最後の最後で
あだとなる。
KIMURAカーが壊れる
作業に支障をきたしている
d
     
     

 
2005.7.3
足制作
これから磨いて加工。
もう少しなのだが今ひとつ
スパートしきれてない。
うーむ
     
     

 
2005.7.1
ロデオフットモータ取り付け完了
明日機構部完成
あさって足溶接、完成予定である
エンヂン犬をつくるにあたり、なかなか
良いデーターがとれた。締め切りが差し迫って
きたのたので睡眠が削りに削られている。
スパートスパート。
●個展に向け作る作品

エンヂン犬
テレヴィジョン2
量産型OT-1?

DM
ステッカー?
映像

などなど
     
     

2005.6.25
ロデオフット機構部制作中
ボード白塗装がなかなか良い
細かい部分が未だ決まっていないので
今後詰める。足は太すぎたかもしれない
モータの取り付けに多少手こずりそうだ
 
     
     

 
2005.6.19
ロデオフットクランク軸部
ボードの処理が問題である。
塗装を施す予定ではあるがどうなるのか
見当もつかない。機構は順調に進んでいる
     
     

 
2005.6.18
ロデオフット明日から本制作開始
個展に向けいろいろと制作しなければならない
・テレビジョン
・OT-1(量産型)
・エンヂン犬
・DM
これからDMの制作にはいります
(写真:テレビジョンイメージ図)
     
     

 
2005.6.12
ロデオフットデジタル機構実験完了
眼がおかしく痛む。そして手にはマウスだこと
クリックだこ。しかしながら職業柄しょうが
ない事も否めない。
側面図はほぼ完成したので平面図作制後、本制作
にはいる。今のところモータの取り付けに致命的な
欠陥が生じているがパーツの選定次第でなんとか
なりそうなので今のところ放っておく事にした。
平面図は側面図以上に手こずりそうだ。材料の
選定を慎重に行いたい。
     
     

 
2005.6.11
デジタル機構実験進行中。
眼が潰れそうに痛い
前脚の動作はこの画像の動きが有力である
時間はだいぶ差し迫って来ているがエンジン犬にも
応用可能な製図のためないがしろにできないので
グルーヴのある製図を目指すのみ。
ここ数日PowerBookの調整に手間取ってしまった
HDの調子が悪かったので日立製40GB.5200RPM.8MB
に換装。そしてメモリを頂いたので256MB増設。
計768MBとなる。快適な動作を実現。
あとはシステム再構築とメンテナンスである。
システムを大幅に改善したいがいまだふんぎりが
つかず。
     
     

   
2005.6.7
製図データ化完了
明日からデジタル機構実験にはいる
もう少しペースをあげ無駄をなくしていく予定
最近焼肉を食べるとくだります
     
     

 
2005.6.6
ロデオフットのパーツ製図を作成
製図後スキャンしデータ化。これからパソコンを
用いたデジタル機構実験にはいる。
協育にてマイタギアを入手、コスト大幅削減
http://www.kggear.co.jp/
ここのギア選定ソフトは至高の出来である。
先日製図の本を購入。
M美術大学通信教育用教材であるが今までみてきた製図
教則本の中で一番面白い。
ひさしぶりにA3製図を描くが今思い起こすと高校時代は
ケント紙に製図を描いていた。現在では考えられないが
方眼紙のマスがわりと低精度なのも否めない。
グルーヴのある製図を描きたい
     
     

   
2005.6.5
ロデオフットの概要
キッズ時代乗り回したスケートボード
を復活させベく発足したプロジェクト。
腰をいためて以来使用しなくなり十年。
新たにウィールの代わりに足をはやし
愛玩、スポーツ機具としての復活を
考えている。捨てるよりは再生の道を
選びたい。エコエコ

しかしながら今一歩、本制作に踏み込
めないでいる。どういった訳か気がの
らない。困った。手を動かした方が良い
のは分かっているがここは慎重にいく
べきではないかとも思う。スケッチでも
描きまくってみます。

なんだかパソコンのHDから異音がする
軸の寿命がきたのか
     
     

 
2005.6.2
ロデオフットコスト削減中
だいぶ削減されてきた
本日軸受け部完成
明日から製図にはいる
今週からKIMURA制作強化週間になります
 
     
     

2005.5.30
IN-1完成

本日ロデオフットの材料選定のため
ハンズを徘徊するも高額すぎて断念
コスト削減ルートの捜索をする事にする

必要パーツ
・ピロブロックベアリング 6ヶ ¥9000
・マイタギア       6ヶ ¥9000
・スプロケット      2枚 ¥4000
・チェイン           ¥2000
               計¥24000
こんなものなのかもしれないがもしかしたら
もっと安く売ってるかもしれない、という事で
秋葉原を散策してみる予定
(写真:ロデオフットイメージ)
 
     
     

2005.5.27
犬試作二号完成間近!
体調不良の影響でだいぶペースが狂ってしまった
あとは鼻パーツを磨いて完成である
なかなか良い出来なのでこいつを
「IN-1」と名付ける事にする
こいつで得たデータは全てエンヂンン犬と
リサイクラート用作品「ロデオフット」に
投入される事になる。
今日の教訓
ホットボンド(グルーガン)はなめてかかっては
いけない。指に落ちた雫をとろうとしたら皮膚まで
とれた。軽作業のため用心が足りなかった。
戒めとしてここに記しておく。安全第一。 
 
     
     

 
2005.5.24
リサイクラート1次審査通過
の為新しく作品を作る事となる
ひさしぶりに風邪をひいた
あんなに震えがきたのは初めてだ
それとこの日誌を書き続けて一年になる
案外続くもんだ。不定期だが
 
     
     

 
2005.5.21
ボデー磨き大体完了
これから鼻とバランサー制作ののち
完成である。前脚がボデーと干渉するので
少し削る事にする
     
     

   
2005.5.12
ボデーを鉄で制作
制度が高すぎて装着にだいぶ手間取る
ハンダ接着はだいぶ使える事が判明
これからスイッチとバランサーをつけ、
磨けば完成である。
そしてエンヂンを入手したので
すぐさま制作が可能な状態になった。
まずは試作機の完成を急ぐ
     
     

 
2005.5.8
ボデー切り出し図面が完成
行き当たりばったりで
いってしまったのでだいぶ
無駄な曲線が増えてしまった
この教訓を本番にいかしたい
     
     

 
2005.5.5
犬ボデー制作中
足機構部逃げの三次元の立体裁断
に思いのほか手間取っている
まずはしっかりとした製図を引く
事が第一課題である。
ほとんど大詰めなので慎重にいきたい
     
     

   
2005.5.1
HPのメンテに思いのほか手間取る
犬は紙でボデー制作中
今日はもう寝ます
     
     

 
2005.4.27
犬足ステンレス化完了
かなりの重量感である
これからこの脚部にあわせボデーの
制作に入る
     
     

 
2005.4.24
フッタウェイ箱制作
はやくもKIMURAカーが過積載状態である
犬は停滞中
     
     

 
2005.4.23
犬足制作中
ステンレス銀ロウ後、バフ仕上げを
施しているところである
宝石のように仕上げたい
明日仕上げが完成する予定なので
製図を直した後、外装を製作する
そしてフッタウェイが帰還した為
箱をKIMURAカー用に作り直す

 

     
     

 
2005.4.19
試作機制作中
最近蒸気機関に興味があるので
作ってみる事にする。
しっぽバランサーの手ごたえを掴む
これから足部ステンレス化
φ30の棒を使うがもったりしてて
なかなか良い
     
     

 
2005.4.12
試作2号機取りあえず完成
構造上フロントに荷重がかかるが
リアを重くしなければ後退してしまうので何とかしたい
足にウエイトを仕込むかフロントを軽量化するか
しっぽをバランサーとして使用するか...
技術者としてはしっぽなのでその方向で構造をつめる
平行して他の選択肢も視野に入れる予定
まずは脚部をパイプにしてみる
     
     

2005.4.5
試作二号機完成間近
画期的構造を閃いたので実験する予定
フッタウェイにも応用可能なので
フッタウェイ3号の設計にも使用する。
犬試作機はこれから構造の
がたをなくしてゆく予定。
まだつくりが甘い
 
     
     

 
2005.3.31
犬試作二号機構造上のミスが判明
また作りなおす事にします
設計が甘過ぎる
 
     
     

 
2005.3.28
ハンズ授賞式
(写真左:アクリルロボットのパイオニア三井さん)

     
     

 
2005.3.26
KIMURAカーを入手
今後器材車として活躍する予定
     
     

 
2005.3.9
イヌ機構モデル制作中
前回から一週間の動向
・ギア入手	
・設計
・靴購入
・CD購入(ZELO SET)
・新曲宅録
・携帯電話機種変更
・試作機部品制作開始
群馬青年ビエンナーレ出品予定
明日から書類制作に取りかかる予定
(写真:試作機部品)
  
     
     

 
2005.3.1
プリンタを入手
非常に便利である
プーリーを入手するまで作業は
進まない。
     
     

 
2005.2.26
イヌ機構モデル2を制作開始
今だ設計図の段階である。
動力の伝達を1/1と同じ駆動方式に
した為機構が数段複雑になった。
少しばかり苦戦する気配がする。
そしてギアボックスの選定を失敗した
可能性があるが出力の問題で変更は
不可能かと思われる。
まずは作ってみる事にする
     
     

 
2005.2.23
新曲が進行中
イヌは停滞
(画像:新曲イメージ2)
     
     

2005.2.21
アルバム"JAPAN"のイメージが確定
これからつめにつめる予定
犬は何も進まず
名前を決めたいが出ない
"ポッ"を待つ事にする
(画像:新曲イメージ)
 
     
     

 
2005.2.20
金沢21世紀美術館を視察
すごい密度である。足が棒
その後養老天命反天地を視察
すごい。足が棒。
 
     
     

   
2005.2.16
世の中にはすごい人が
たくさんいるんだなあ
http://ironwork.jp/monkey_farm/index.html
     
     

 
2005.2.12
犬機構案2
この試作二号を製作するにあたり
新しいギアボックスを選定中。
そしてそろそろ「犬」と呼び続けるのも
どうかと思うので名前をつけたい。
・ドグー
・ドーグ
・ドッケン
・ドルグ
・チワーワ
うーむ。
それと「ハウルの動く城」世間で言う程つまらなく
はない
     
     

 
2005.2.8
最近弛んでいるので一日一枚は
絵を描く月間にします。
ひどい膨満感に襲われている
     
     

   
2005.2.5
愛車カブにグリップヒーターを装着
まだ走行テストはしていないが格段
に快適になる予定。脱着式のため靴
ヒモの様に編んである。ボンテージ
みたいでかっこいい。
今日は寝たきりである
     
     

 
2005.1.30
犬機構モデルとして三井康亘先生の
メカドックを制作。よくできた機構
である。これから1/10スケール模型を
製作する。
(写真:メカドッグ(C)三井康亘)
メカドッグムービー
     
     

2005.1.28
ひさしぶりに絵を描く
デッサン力の低下が著しい
 
     
     

 
2005.1.26
帰宅
ハンズ大賞結果
フッタウェイ審査員賞受賞
OP-1二次審査落選
時差ぼけで何かがおかしいので
今日はもう寝ます。
明日年賀状を書く予定
 
     
     

 
2005.1.23
カーネギーメロン大学を視察
美大生のアトリエを拝見する
こちらの学生は学費が高いだけあって
皆明確な目的を持って取り組んでいるようだった
見習わなければならない。そして社会には美術大学
という偏屈者を受け入れる施設が必要なのだとも
感じた。
帰国後犬機構実験に入る予定
 
     
     

   
2005.1.21
またも出張
作業は何も進まず
帰国後制作に入ります
     
     

 
2005.1.16
パリ遠征終了
喫煙者に寛大な国であった
ハンズ発送終了、幸運を祈る。
これから犬を作るかOP-2を作るか...
迷う
     
     

 
2005.1.1
 明けまして
OP-1キセノンデバイスバージョンアップ
光量が2倍にアップ、電流のロスを極力
削減し電池寿命を大幅アップ。リレーに
より大電流による接点劣化を抑える事に
成功。
これから組み付けに入るが今までの方法
だとトリガーがうまく入りづらいので誘
導極部をどうにか高効率化したい。そし
てリフレクト部の錆がすごかったので
メッキにする。明日完成予定である
     
     

   
2004.12.31 
2004年総まとめ
 制作物 
・テレビジョン一号
・フッタウェイPV 
・量産型OT-1フレーム 
・OP-1 
・OP-2キセノンデバイス
 仕事
・エンヂンで動く犬の顎
・アクリル棚
・豪華壁掛け調テレビ
・歌うロボットパーツ各種
・吠える犬彫刻
・自動演奏ベル
・2階3階
など
ペースが遅い
来年は極力無駄をなくしていきたい
目標
来年作るもの
・エンヂン犬
・不安定彫刻(企業秘密)
・デッサン装置(企業秘密)
・ホバークラフト(企業秘密)
来年はがんばります
     
     

   
2004.12.24
「お前に贈ったよ、ピースマーク」、
「フッタウェイシリーズ」ハンズ大賞一次通過
これから改良に入る。来年は長期出張なのでKIMURA
に正月はない。明日フッタウェイを取りに八王子へ
そしてその足で秋葉買い納め、年内キセノン回路
改良終了、年始一週間でフッタウェイ改良、
メンテを終了後パリへの出張というスケジュールに
なる。
三端子の実験は成功。
しかし回路設計を失敗。また作りなおす
     
     

 
2004.12.18
 先日KIMURAアトリエ省スペース計画により
PowerBookG3を入手。
G4にするか迷うが昔憧れたこのマシンに決める
やはりMacintoshのデザインはここで完成されたと
いっても良い程に美しい曲線である
最近のAppleデザインはどうも個性に欠けている
気がしてならない。始めて使ったマシンはPerforma
のブラックであったがこちらも無骨で好きだった
シンプルを売りにしているようだがどうもぐっと
こない。「シンプル」と「無個性」の概念は難しい
まぁどうでもいいが
作業はあまり進まず。最近たるんでいるので喝を
入れたい。アイデアはたくさん出ている。
まだ幾分かましとしよう。
これから三端子レギュレータの実験に入る


     
     

2004.12.1
オリジナル回路によるフラッシュ装置
が成功。100Vによる装置で省スペース
が実現。これから回路ボックスを作成、
その後耐久実験に入る。
この装置完成により大幅なコストダウンが
望まれる。
エンヂン犬大体のデザイン構想が決定。
ストロボ回路完成次第機構実験に入る
 
     
     

 
2004.11.30
 最近アキバに通っている
六日連続記録となった。本日アキバにいく途中
びびっと閃いたので途中でスケッチを描く
家がアキバ袋だらけである。いかん
 
     
     

 
2004.11.21
またもやストロボ回路故障
数回発光後動かなくなる。
おそらく症状からいってコンデンサの故障だと
思われるが実際のところよくわからない。
取りあえず秋葉原で修理部品を購入する予定
であるが、このままではいけない。
これから電子工作基礎を修得しようと思う
今回の事例でも故障診断ができていないのが
特に問題である。最近電子づいているので
ここらへんで頭に叩き込もうと思う。
まだまだ青二才である
     
     

 
2004.11.11
ストロボ分解完了。
コンデンサでかっ!OP-1の5倍はある
装置作成後造形作業に入る
回路boxを作成しなければならない
     
     

   
2004.11.9
 本日から再度制作開始。
まずは材料調達
エンヂンのカタログを取り寄せるも
発電機のカタログであった。
やはり店頭に行かなければならない
近日祐天寺へ出向く予定
OP-2用新型ストロボ装置を開発中
     
     

 
2004.10.30
 見えた。
方向性が見出せつつあるので
これからいろいろと制作開始
来月新しいエンヂンを購入予定。
新品で買うか中古を買うか。
やはり愛着が必要なのでは無いかと思う
(写真:世界で始めての自動車※いろいろ説がある)
     
     

   
2004.10.9
最近いろいろ考えている
考えても始まらないのだがどうも
もやもやがある。作品制作に影響が出始めた
まずい。
 作業はまるで進まず。
手を動かしているのは事実だが
どうもいろいろ引っ掛かる。いかん
昨日バイクが浸水する。オイル交換二日目
であるがまた換えます
     
     

 
2004.9.28
 風邪をひいた
やる気を出すとこれだ
エンヂン犬について考えている
ボデーにたたき出しを採用するかするまいか
取りあえずOP-2を作るとする
また百円ショップを往復しなければ
(写真:大容量ストロボとドリンク)
     
     

 
2004.9.26
 本日工具用ラックを購入
値段の割に相当便利。これで作業効率が
格段にあがる予定
 さてそろそろ今後の予定を立てなければ
ならない。今までどおり製作してたのでは
だめだ。日々締め切りを作り作業に没頭したい
これからは酒を断つ、一日おきに。
作業としては次回作のイメージが漠然として
いるのでスケッチを描いてみるとする。
今月中に決める予定
まずは手を動かす。
 
     
     

2004.9.23
OP-1完成
収納箱も作ってみた
時間がかかり過ぎた
すぐさまOP-2と犬の制作に取りかかる予定
今夜は寝ます
     
     

 
2004.9.12
スイッチ取り付け完了
完成は目前である。
問題は金属部分の表面仕上げである。
当初の予定ではバフ後クレンザーによる
スモークをかける予定であったが
コンパウンドによる磨き、つまり半バフ
仕上げがとても美しい。アルミの質感を
最大限に引き出すのは素手によるコンパウンド
仕上げでは無いかと感じた。一度クレンザー
をかけてみてから決める。スパートスパート
 エドワードホッパーと言う人物がいる
彼の絵は孤独と何やらの倦怠感に溢れ私の
好きな画家の一人であるが、本日某公園で
作品案を練っていたところあるモチーフにより
ホッパーと同じ感情を得た気がした。彼は私と似て
いるのでは無いだろうかと思う、勘だが。
 今後案を練る時はここへ行こうと思った。
     
     

 
2004.9.5
柱だいたい完成
今後はミクロ単位の仕事になるので
仕上げと平行して行う
明日秋葉原に行く予定なのでスイッチを
探す。
1.気泡うめ
2.スイッチ取り付け
3.配線
4.レンズ加工

??塗装???

何色にしよう
サフェ−サ−で良い気がしてきた
     
     

 
2004.9.4
柱を切削中
この擦り合わせ作業は技術者だけに許される
特権である。完成と同時に訪れる達成感により
救われる。今は完成を目指すのみ。
OP-1完成後ふたまわり大きいサイズのOP-2を
製作しようかと思う。
九月中完成予定である
現時点ではストロボの力が弱いのでこのサイズだが
六倍の光量のあるストロボを使用。倍のスケールに
する予定。先程昔よく指導された「考えるな」という
言葉を思い出した。当分考えず手を動かす事にする。
     
     

 
2004.9.1
 どうやらモノを作る人間は2種類いるらしい
完成までの道のり効率良く進めるタイプ。
もう一つは過程を重視し無駄が多いが自己満足的な
道のりで完成に向かうタイプ。
柔軟と一辺倒と言う事だがどうやら私は後者である。
どちらが良いとは一概に言えないが、過程を重視した
方が作品のグルーヴはあがる、気がする。
現在お洒落パーツ研摩中。
まだまだ削らなければならない。先は長い
(写真:ホンダスーパーカブ)
     
     

2004.8.30
 本日ホンダスーパーカブを購入
アドレスV100が寿命を迎え購入に至る
乗ってみて非常に遅い、そして乗りづらい。
しかし久し振りのギア付きは面白い
今後の足としての活躍を期待する

 土台柱を制作
これからこのおしゃれパーツを球面にフィットする様
摺り合わせ研摩を行う
生えてるくらいにしたい
取りあえずバフ仕上げを施し最終的な仕上げを
決定する。
そして本日再塗装を試みるも雨で断念
何色にするか迷う。グレーかアイボリーか
つや消しのクリームも捨てがたい
ガンメタも気になる
悩む。
 
     
     

 
2004.8.27
塗装してみるもあまり良く無い
クリームじゃあだめだ
やはりサフェ−サ−がベストなのかも
しれない。コンクリートで作るとして
質感が似ている
しかしながらサフェ−サ−丸出しと言うのも
いかがなものか
丸みが甘いのでまたパテ研摩に入る
それと土台の柱との一体感が薄いので
旋盤加工とヤスリを駆使しテーパーにする
画像はわかりづらいが合成イメージ図
最近作業ペースが落ちてきた
いかん
     
     

 
2004.8.23
OP-1大体完成しつつある
後はスイッチをつけるだけなのだが
手持ちでちょうどよい物が無いので
秋葉原に行かなければならない。
どうも最近ひどいうつ状態に陥って
いるのでやる気を出したい
ちょうど良いコンクール(コンペ?)
を見つけたのでやる気を出しつつ
出してみます。
今日はもう寝ます
     
     

 
2004.8.18
土台修正完了
ネジ止めをやめ、叩き込みにしサイズを若干
縮小。だいぶスッキリした
これから磨きと回路の取り付けに入る
サフェ−サ−の質感がなかなか良いので
これを生かすかソリッドカラーによる塗装をするか迷う
だいたい全体的なイメージは掴んだ
慎重に追い込みをかけたい
     
     

 
2004.8.16
土台をざっくり作成
少し大きすぎたかもしれない
そしてネジが見た目うるさいので
皿にするか棒を叩き込むか。
スイッチをつけてみて
どうするか決める予定
ひさしぶりに工作機械に触るが
一週間程触らなかっただけで
だいぶ勘が損なわれていた
一日にしてならずである。
今後細かい仕上げをイメージしていく
     
     

 
2004.8.15
だいぶ丸くなってきた。しかしまだまだ
じゃがいも状態である。
こういった作品の場合妥協点の検出が非常に難しい
この当たりは性分とでも言うべきか何を持って完成
というかは自分で決めるしか無い。
難しい問題だ
たかがモックごときにこれ程時間を費やしてよいのか否か
モックでは無く作品だと自分に言い聞かせ削る事にする
というか「作品」にする。
このままではらちがあかないので明日土台を作る。
早く全体感を見たい。
     
     

 
2004.8.14
サフェ−サ−を吹いてみる
まだ甘い。まだまだ研摩する
話はかわるが私の愛車アドレスV100が
寿命を迎えようとしている
駆動系のメンテナンスをしてやらなければならない
・クランクケースガスケット交換
・ウエイトローラー交換
・プーリー一式交換
・トルクカム交換
・クラッチ交換
・センタースプリング交換
・ギアオイル交換
・エアクリーナー交換
・リードバルブ交換
・プラグ交換
以上
     
     

 
2004.8.11
ポリパテによる段差修正
幾分かマシになったと思われる
これから全体的な面研摩、細かい気泡うめ
をする予定。もう少し時間がかかりそうだ
それと平行して土台デザイン、配線取り回し、
スイッチングなどの方向をきめなければならない
まずは研摩研摩。

     
     

 
2004.8.8
 OP-1パテ成形中
本日金ヤスリ購入。しかし結局は紙ヤスリのほうがよい
事が判明。
この手作り感丸出しの球体をなんとか真球に近付けたい。
「バキ」の板垣先生いわく立方体の角を全て削れば球体に
なると言う事である。先は長い。
材質はエポキシパテであるが他に削りやすい物が
あったかもしれない。しかし今さら嘆いても仕方が無い
とにかく今は削るしか無い。研摩研摩
     
     

 
2004.8.7
 OP-1製作中
始めてパテを使ってみる
これはこれでなかなか面白い。
現在パテ研摩に苦戦中である。
どうやらヤスリの選定を失敗した。
私はどうやらヤスリの見きわめが苦手らしい
普段から適正のヤスリより一、二段細かいヤスリから
始めてしまう傾向にある。その為作業効率が落ちる
明日棒ヤスリを買い占めに行く予定
適正のヤスリを見極める癖をつけたい
よって今日は寝ます
明日も百円ショップを何往復もするのだろうか...
(写真:OP-1針金フレーム)
     
     

2004.8.5
 inuイメージその1
 まだ構想中ではあるが取りあえずこのような感じ
 全てのデザインにおいて苦戦中である
話はかわるが「ジャンクアート」と言うものがある

廃材を利用したり加工し再構築するエコロジーな

ジャンルだが、KIMURA作品はそれととられる事が多い
私はそのようなつもりは無いのだがどうも
オーディエンスから見るとそう見えるらしい。
おそらく廃材の使い過ぎ、もしくは詰めのあまさが
関係していると思われる。ほとんど後者が原因だが
今後それとの離別を謀る事を目標としたい
 
     
     

 
2004.7.31
 出張終了。
本日から制作を開始する
まずはイメージを完成させる事を
最優先する。

1:OPの模型を完成させる
2:KIMURA型散歩犬のイメージを具体化する
3:フッタウェイ3号のイメージを作る
4:今後の予定をたてる

以上を一週間以内に遂行する
これからは作業効率をあげていきたい

 
     
     

 
2004.7.21
作業は何も進まず
  イメージは進行中
明日から大阪へ出張
 
     
     

 
2004.7.7

 すばらしいドーピング剤を入手
私は黒沢明になれるかもしれない
 
     
     

 
2004.7.5
エンジンで歩くイヌを作りたい
 
     
     

2004.6.28
opのモック制作。
球体の立体裁断を試みるも断念
針金フレームによるパテ成形に
切り替える事にする。
球体を買えば良いのだが高いしサイズが悪い
大きさは2/7スケールに決定
 話はかわるが私はいままで中華料理屋さんのラーメンを
なめていた。日本のラーメンとは別のジャンルと考えた方が
良いらしい。
(写真:グルメラーメンの夕食)
 
     
     

 
2004.6.22
取りあえずひと段落
最近ヤスリがけに打ち込んでいる
仕事をきれいにする
 
     
     

 
2004.6.17
 ひさしぶりに日誌を書く
 最近自分の仕事の甘さを痛感している
 「急がば回れ」ということわざがある
 まさにその通りで制作過程全体を通してみると
 それに尽きる。
 自分のペースで良い事は確かだが
 作品制作におけるエネルギーと言うか
 モチベーションを維持するには私の場合
 極力ミスをなくす事が重要である。
 ゆっくり急ぐ事にする	  
 
     
     

   
2004.6.2
  ある人の名言で
「夢の実現に必要なのは果たしてお金でしょうか」
 という言葉がある。
  今日痛感したが、お金は夢にはさほど必要では無い
 ポンとお金を渡されて夢が実現する程世の中甘く無い
 しかしながら多少必要ではある。適度にあるくらいで
 良いのだと思った。要は「やる気」である
 (写真:OP正面図)
 
     
     

2004.6.1
「お前に贈ったよピースマーク」だいたいの
構造案が完成。
これから1/5スケールのモックを作成する。
先日破損した回路は使用できなそうなので
新たに制作する予定。
 「No Music,No life」という言葉を最近よく
耳にする。なんだか嘘臭い。別にどうだってい
いが、言わなくてもいいよって言いたい。
別にどうだっていいが。
 本日秋葉原と上野に行った。
のどが乾いたらコーヒーショップに行く癖を
何とかしたい。電車はたまに乗るのが良い。
 
     
     

 
2004.5.31
 時間が無いとか言っていたらだめだ
時間は誰にでも平等であるし
「時間が無い」というのは言い訳でしか無い
どれだけ限られた時間を有効に制作にあてられるか
が必要だ。ストイックに打ち込める姿勢こそが
アーチストには必要なのかもしれない。
話はかわるが先日靴を購入した
私が靴を買うのはやる気が無い末期症状である。
新しい靴を履くと、なぜかやる気がでてくる
ドーピング的な要素であるがこれにより
制作への意欲回復につなげたい
これで11足所有している事になった
今回購入した靴は通算3足目
同じ靴ばかり買っている
 
     
     

 
2004.5.30
相変わらず作業が進まない
 新曲「JAPAN」のDrの構想は大体完成
後は詩とGである
 「バリアフリー一号」「お前に贈ったよピースマーク」は
いまだほぼ手付かず
 
     
     

 
2004.5.24
 バリアフリー一号について
「車椅子の人にとって故障は命取りになる、
もしもの時、自分で修復できないという事は
ものすごい恐怖では無いか」との指摘を受ける
確かにその通りである
 車椅子の制作にあたり
車椅子を必要とする立場の人
の目線に立たなければならない。
難しい
 
     
     

 
2004.5.23
作業が進まない
 
     
     

 
2004.5.20
大容量ストロボ到着
かなり大容量である
 
     
     

   
2004.5.18
 KSSAという人物がいる
 非常におかしな男だが次回の新曲の
 出演依頼をしに所沢に出張。
 自転車で行ったせいで足が棒のようだ。
 空気を入れておくべきだった
 今日はもう寝ます
 
     
     

   
 2004.5.17
 やってしまった。
ストロボ回路改造中にショート、
三端子レギュレータがまっぷたつに破損。
(写真中央)
買い替えを余儀無くされた。
ちょっとやる気を出すとこれだ
本日本番用大容量ストロボを入手。
この回路より数段上の電圧がかかると思われる。
安全第一をモットーとするKIMURAでは
緊急安全対策案を練る事となる。
今日はもう寝ます
     
     

 
2004.5.16
 携帯電話は優れた便利グッツだという事を
再認識させられた。昔の人は偉い。携帯電話が無くても
うまくやっていたのだ。
 私は普段から携帯電話を頻繁に使っているわけでは無い
しかしながら無いならないで不便である。
 本日量産型OT-1が完成。
これから耐久テストに入る。
 そしてリモコン回路のコスト削減ルートを開拓。
今後大幅なコスト削減が実現する予定。
発案からニ年、完全なる完成となるのだろうか...

これからKIMURAは平和造形
「お前に贈ったよピースマーク」の開発に着手する
(写真:量産型OT-1、KIMURAスタジオにて撮影)


     
     

2004.5.15
 ヤフ−オークションにて携帯電話を購入
カメラ無し
 本日OT-1の修復完了と同時に大量生産の
ラインが完成。販売ラインにのせる事が可能となった
(写真:量産型OT-1フレーム)



 
     
     

   
2004.5.14
機種変更が不可能。 
どうしたものか
     
     

 
2004.5.13
	  携帯電話が壊れる
これはまずい。私のライフラインが
なくなってしまった。
まずい
 
     
     

 

 
2004.5.13
 早くも日誌を書く事が苦痛になってきている。
理由としてそろそろネタが尽きる
そして、日誌を書くために制作を強要されている
すでに「書いている」では無く「書かされている」に
なっている。
日誌が私を転がしはじめている
毎日日記をつけられる人は偉い
日誌に制作を強要されている


 本日また渋谷に行く
J-WAVEの公開録音にいこうとするが
HMVの場所がわからず断念。次回こそは、、、
 
     
     

2004.5.12 
	  最近生活が逆転しています
ot-1の設計図をイラレで制作中
これが完成したら大量生産が可能になる
土曜に学校行って制作する予定
(写真:お前に贈ったよピースマーク案1)
 
     
     

2004.5.10
 今日の朝方思い付いたキネティックアート案が
ダミー制作後企画倒れだった事が判明
なぜだ
今日はもう寝る事とする
OT-1の電池ボックスを改良。格段に
耐久性が増したはず(特に断線に対し)
明日は仕事が忙しそうだ
本日渋谷で悟空みたいな若者達を見た
ふしぎだ
 
     
     

2004.5.9
 最近どうもやる気が起きないので自分への
戒めとして日誌を書く事とする
この作業スペースで何ができるのか疑問だが
それを言ったら始まらないので無視するとし
て最近気付いた事がある。
アーチストはわがままな生産業だが
どうやら技術者としてのログをとる事は
重要らしい。
そんなわけで作品ごとのログを取る事に
した。
あと工具が良くなくなるので工具
置き場を設ける事にした。
あと最近キレやすいのでカルシウムをとる
ことにしました
(写真KIMURAアトリエ)
 
     
   
top