「漫画家×技術屋展」
高知県立美術館明和電機ナンセンスマシーンズ展タイアップ企画
会期:2009.4.29-5.10
会場:graffiti(高知)
出展作家:ロビン西×KIMURA

◯漫技展プロジェクトとは
漫画家ロビン西の考える空想機械を技術屋KIMURAが物体として可能な限り再現する企画。
ラフスケッチ(ロビン)→赤ペン添削(KIMURA)→本スケッチ(ロビン)→製図(KIMURA)→実制作(KIMURA)
を主な流れとし、作品制作における一連の流れを全て展示対象とするユニークな展示形態をとる。
展示期間中においても展示物、新作、物販、バンド活動、イベントと思いつきを可能な限り実現してゆくため
最終的にどのような結果になるかは作家両人としても未知数。
しかしながら、本展示は「空想を可能な限り実現する」という事を基本テーマにしているためこのような
いきあたりばったりパフォーマンス展示が意外にしっくりとくる結果となった。
◯出展作品
ラフスケッチ
赤ペン添削スケッチ
ドローイング
1/1製図
「TECHNO×COMIC」ブロンズ風彫刻
「イレイサーカッター」消しゴムきりロボット
「IKA BURNER」するめ焼きロボット
などなど

◯現地新作
「漫技ガールズ」フラダンス姉妹ロボット

「牛追いムチ」×2

販売促進ミニアルバム
「ザ・グラフィティ」
1.南のオカン
2.ミニ・ヤンセン
3.十円ハゲの男
4.グラフィティ
 
◯関連イベント
4/29 ロビン西×KIMURAトークショー「漫技展とは?!」
4/29〜 ロビン西 「キャラ化似顔絵ブース」(不定期開催)
5/3~5/6 「KIMURAペーパークラフトワークショップ」(ミニ・ヤンセン)
5/4〜  KIMURA 牛追いムチ体験「音速ワークショップ~君は音速を超えられるか~」
5/6  ロビン西×杉木ヤスコトークショー
5/10 最終日イベント「からくり漫画道場」(ミュージシャン不在なのになぜかライブあり)
 出演:ロビン西明和電機代表取締役社長土佐信道杉木ヤスコ村岡マサヒロ、KIMURA
 
 
◯物販
(R)マインドゲーム単行本
(R)マインドゲームDVD
(R)マインドゲームサウンドトラック盤
(R)ソウルフラワートレイン単行本
(R)南のオカンはたいへんやなモォ(限定200冊)
(R)4コマステッカー
(K)テレビジョンDVD ver1.0.5
(K)ミニ・ヤンセン改
(共作)ミニアルバム 「ザ・グラフィティ」(4曲入)
 











special thanks: azm kdo comori shinodaサン hamaguchiサン mayumiサン taichi夫妻 39 ギャラリースタッフのミナサン RYO miyakoサン 社長 motsu oda fujitaサン 杉木サン 村岡サン 出演してくれた皆サマ 来てくれた皆サマ 応援してくれた皆サマ

back